「キノコでオーガズム」ってホント? 専門家の意見を総合すると…

「キノコでオーガズム」ってホント? 専門家の意見を総合すると… 1

とにかく「におう」のはたしか。

ちょっと前、匂いをかぐだけで女性にオーガズムを与えるキノコの話題がネット上に出回っていました。でも残念ながら、それが実在するという証拠はどこにもないんです。

そのキノコの噂の出処のひとつは、科学論文誌ではあります。が、参照元にされていた「論文」は、じつは論文ではなかったんです。それは、2001年に開かれた薬用キノコ学会でのプレゼンテーションの要約文で、査読もされていませんでした。

でも学会のプレゼンテーションで精査していない情報を共有しても、フィードバックを受けることが目的なので、別に問題ありません。ただ、その情報を鵜呑みにするのはよくありません

それに、この要約文では異様なほど裏付けのデータが少ないんです。著者たちは、この女性を刺激するキノコ(上の写真のスッポンタケに近いとされている)は新種だと言ってるんですが、それがどんなものかとか、名前とかには言及していません。

彼らはこのキノコの化学組成を分析したとも言ってるんですが、詳細は明らかにされていません。また匂いの人間に対する生理学的影響を実験したとも言ってるんですが、その手法や被験者数、測定した変数や、比較実験などについては説明していないんです。これが学生の書いたものなら、先生からびっしり赤ペンを入れられて、全文書き直しを命じられそうです。

そしてこのプレゼンテーションから14年経つ今も、オーガズムキノコについて学術文献などで発表されてはいません。そのキノコの生理的・化学的性質も、種としての正式な説明も、ないままです。要約文主著者のJohn C. Holliday氏(現在はAloha Medicinalsの研究責任者)に問い合わせたところ、彼は詳しい回答を拒否しました。

これは進行中の研究プロジェクトであり、今後薬品として市場に出す意図があります。そのため私たちはこの件についてこれ以上公開したくはなく、このまま(噂が)消えることを望んでいます。

…とのことですが、これまでに入手できた情報から何がわかるのか、見てみましょう。

謎の生息地

問題の要約文では、そのマッシュルームがスッポンタケの新種で、ハワイの新しい溶岩流の跡に生息していると主張しています。2014年のTelluride Mushroom Festというイベントで、Holliday氏はオーガズムキノコの生息地について「熱く真っ黒で、岩がごろごろした溶岩流の跡で、海水の砕波帯の水面すぐ上」としています。下の画像が、そんな場所の様子です。

「キノコでオーガズム」ってホント? 専門家の意見を総合すると… 2

ハワイ大学の菌類学者Nicole Hynson氏によると、このような場所はこの種のキノコの生息地としてはかなり珍しいとのこと。「たしかに、新しい溶岩流に生息する菌類はいます。が、そのような不毛の地でスッポンタケは見たことがありません。スッポンタケは有機物の死がいを栄養源にしていて、岩の上にはそれがあまり多くないのです」。

対照実験なし

要約文では、被験者がキノコの匂いをかぐ実験で、対象の女性の半分近くが匂いによってオーガズムを誘発されたと主張しています。この実験の詳細は明らかになっていませんが、Ben Soctrin氏はホビイスト向けニュースレターのBulletin of the Puget Sound Mycological Societyの2002年版に以下のように付け加えています。ちなみにこれも査読されていません

評判の効果を調査するため、Holliday氏はランダムに選んだ男女両方の被験者に対し、新鮮な標本の匂いをかぐように依頼した。男性20人のうち、すべてはその匂いについて不快だと感じた。彼らの誰からも、生理学的な反応は得られなかった。

しかし女性たちは、その匂いを好ましいと感じた。16人の女性によるコントロールされた臨床実験では、そのキノコの成熟していく匂いをかいで6人がオーガズムを感じた。それ以外の10人は生理学的変化があり、特に心拍数の増加があった。これら10人はより少ない摂取量だったので、反応は摂取量と関連するのかもしれない。

ここには問題がたくさんあります。まず被験者数が少ないし、またプラセボを使った対照実験もなく、摂取量も統一されておらず、生理学的な影響度のデータもありません。それに、ここに書かれているのは大きく違うふたつの実験結果なんです。実験のひとつでは、ランダムに選んだ女性がキノコの匂いを「好ましい」と感じ、オーガズムは特になし。もうひとつでは、半分が絶頂に達している。何か「におい」ます。

強引な解釈

「オーガズムキノコ」の要約文の結論はこうなっています。

これらの結果は、胞子のかたまりの揮発性の部分にあるホルモンのような物質が、性的行為の間に分泌される人間の神経伝達物質と類似している可能性があることを示唆している。

これ、どうなんでしょう? ここでのロジックは、(1)問題のキノコはフェロモン的な何かを発していて、(2)その何かは人間のオーガズムをコントロールする神経器官に、どういうわけかくっついてしまう、ということです。それはかなり変わった主張です。

たしかにスッポンタケは、匂いのある物質を発します。それは、胞子を拡散してくれるハエをおびき寄せるためですが、人間にとって好ましい匂いでは全然ありません。そのハエはフンや腐肉を食べるので、スッポンタケもそれに近い匂いを出すんです。コーネル大学の菌類学者、Scott LaGreca氏は言います。「トリュフは哺乳類のフェロモンの匂いがしますが、スッポンタケはただ臭いだけです」。

キノコが人間の女性にだけ効果のある性的刺激物を発するという考えは、前出のHynson氏に言わせれば、「このキノコの歴史に関する我々の知識に基づくと、生物学的意味をなさない」そうです。それに、スッポンタケの世界への分布という意味でもおかしいといいます。「このハワイの(スッポンタケの)種は他の場所でも見られるのに、なぜこれまで発見されていなかったんでしょうか?」。

人間側の事情を考えても、納得いかないところがあります。多くの哺乳類にはフェロモンを検知する鋤鼻器という器官があるんですが、人間にはそれがありません。つまり、我々がフェロモンを検知するには通常の嗅覚の道を通る必要があり、今までのところ、嗅神経細胞がオーガズムに直接関わっているという証拠はないんです。

つまり、今ある証拠はすべて、同じ結論を示しています。このキノコの論文は、臭いと。

Top image Dictyophora cinnabara by Scot Nelson via Flickr | CC BY-SA 2.0; Punaul’u Black Sand beach by brewbooks via Flickr | CC BY-SA 2.0

Diane Kelly-Gizmodo THROB[原文

(miho)