今夜、空を見上げよう。オリオン座流星群がピークへ

今夜、空を見上げよう。オリオン座流星群がピークへ 1

今夜は星が綺麗ですね。

ウェザーニュースと国立天文台によると、10月21日(今夜)〜22日早朝にかけて、オリオン座流星群がピークになるとのこと。観測しやすい時間帯としては月が沈む21日の24時頃からで、月明かりに邪魔されることなく観測できるようです。

では天気はどうなの?というと、ウェザーニュースの予報では21日は全国的には晴れるようで、天体ショーを眺められる大きなチャンス。北日本は雲が心配されますが、見られないというわけではないみたい。ただし、深夜は一段と雲が広がりやすくなるので、観測は21日(水)夜の早いうちか、22日(木)の早朝あたりがオススメとのこと。残念なことに、沖縄は前線と台風の影響で観測はやや難しいかもしれません。

もし見られそうな地域の方々は、ちょっと一息。仕事の合間や帰り道、就寝前などには夜空を見上げてみてはいかがでしょうか。

今夜、空を見上げよう。オリオン座流星群がピークへ 2

なお、ウェザーニュースでは21日(水)22時より、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」にて特別番組を組み、全国7カ所からの流星の同時中継予定。流星が観測された際にスマホにプッシュ通知を送る「星空キャッチャー」などのサービスも用意されています。

ちょっと見られなそうだなぁ…という方は、インターネットやスマホを活用して天体ショーを楽しんでみてください。

sauce: ウェザーニュース(ニュースセンター)

(小暮ひさのり)