ヤフーとグーグルがタッグ。検索情報を提供へ

151022yahoowithgoogle.jpg

最強タッグが生まれる?

ヤフーの検索結果に表示されるのはヤフーのデータだけ…ではなく、2010年からマイクロソフトの検索情報も表示されていました。しかし、今後はグーグルヤフーに検索広告やアルゴリズムサーチ、イメージサーチを提供すると発表したんです。契約の期限は2018年までで、デスクトップとモバイルのどちらでもグーグルの検索情報が利用可能です。

この提携で、ヤフーは将来的により検索サービスから広告収入を得られることが期待できそうです。同社のアメリカでのシェアは、今年8月で12.7%。グーグルの64%に比べると大きく差がついています。ちなみに、日本では世界的に珍しくヤフーが3割もシェアを持っているんですね!

また今回の契約に影響されることなく、ヤフーとマイクロソフトとの提携も2020年まで継続されます。グーグルとマイクロソフトの検索結果が表示されるヤフーが、今後最強の検索エンジンになったりするのかな?

image by Claudio Divizia / Shutterstock.com

source: The Verge , アスキー

(塚本直樹)