トーマス・ジェファーソンの秘密の実験室、壁の裏から見つかる

2015.10.26 16:10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

151023thomasjeffersonlab.jpg


壁の裏には…。

アメリカの第3代大統領トーマス・ジェファーソンは、大学の父としても知られ、教育に非常に力をいれていました。そんな彼の秘密の実験室がバージニア大学のある建物の壁の裏から発見されました。約200年前の実験室はどんなものだったのでそしょう。

バージニア大学は、トーマス・ジェファーソンが設立した学校。実験室が見つかったのは、the Rotundaというドーム型屋根の建物です。Rotundaが建てられたのは1826年のこと。教会から独立した教育の場として、自然の権威と理性の力の象徴として、ジェファーソン氏がデザインしました。


151023thomasjeffersonlab01.jpg

image: Aaron Josephson/Public domain


Rotundaでは1895年に火災が発生し、建物内部は大きな被害にあいました。しかし、化学教室の一部だったこの研究室は、1850年代に作られた壁によって閉じられた状態にあったため、火災被害を免れたとみられています。結果、長い間その存在を知られることなく、秘密の実験室となっていたのです。現在、建物は修復工事中。作業員の1人が、壁にある空洞を見つけ調査しているとき、思いがけずこの化学実験室を見つけました。化学教室の一部だったこともあり、今回見つかったのはおもに実験用の炉床 。


151023thomasjeffersonlab02.jpg

151023thomasjeffersonlab03.jpg


バージニア大学はこの炉床について、2つの火室があり(1つは燃料のために木を燃やすもの、もう1つは石炭を燃やすもの)、地下のレンガのトンネルを通して火室に空気を送っていたと解説しています。歴史的環境保全を行なうBran Hoggさんは、アメリカにおける初期の化学教育現場の最も古い例の1つになるかもしれないとコメントしています。大学側は、建物の改修が済み次第、この研究室を展示保存する予定。


source: University of Virginia

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(そうこ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア