「新種のヒト発見」は間違い? 原始人類学界で議論沸騰中

「新種のヒト発見」は間違い? 原始人類学界で議論沸騰中 1

賛否があるのは、オープンである証拠。

先日、「新発見のヒト属」としてホモ・ナレディの化石に関する論文やデータが公開されました。でもその論文の主張について、原始人類学の専門家たちから疑問視する声があがっています。

まず、ホモ・ナレディが本当に新発見の種なのかどうかについてはまだ議論の余地があります。文化人類学者のJeffrey Schwarz氏などは、発見された化石はアウストラロピテクスのような既知のヒト属のように見える言っています。またはTim White氏などは、その化石は多分ホモ・エレクトスのものだろうと考えています。White氏はさらに、ホモ・ナレディの発見者Lee Berger氏が基本的なミスを犯しているとも言っています。

さらには、化石の年代推定がまだできていないことへの批判や、化石のヒトは埋葬されたものだという主張への反論もあります。

でもこうした議論は、Berger氏が通常よりかなり早い段階でその発見をオープンな学術誌に公表し、化石のデジタルスキャンまで公開したから可能になったんです。

学術誌の目的は、各研究者の持つデータや手法を公表することで、他の研究者からの評価やコメントを可能にすることです。研究者たちは、論文を読んでお互いにチェックしあうことになっています。つまり賛否の嵐が起こるのは、研究者コミュニティの中では当然のものなんです。

原始人類学はゆっくりと動く

「新種のヒト発見」は間違い? 原始人類学界で議論沸騰中 2

Image credit: Patrick Randolph-Quinney (2015). “A new star rising: Biology and mortuary behaviour of Homo naledi”. South African Journal of Science 111 (9/10).

原始人類学は、他の多くの学術分野よりさらにゆっくりと動きます。『ロード・オブ・ザ・リング』に出てくる巨大な木みたいな動きです。通常、発掘現場で化石などが発見されても、その発見が研究者コミュニティとか世間に発表されるまでに10~15年もかかります

それはある程度仕方ないんです。化石の発掘には、慎重な作業と膨大な記録が必要です。というのは、化石自体が非常に壊れやすいものでもあるし、化石そのものだけでなく、それが見つかったときの位置関係や地層などの情報も保存する必要があるからです。そういった付帯情報によって、化石の年代測定や、その場所でどんなことがあったかの推定もしやすくなります。すべてきちんとそろえるために、数シーズンかかることもあります。その後はさらに化石の分析や他の標本との比較、作業成果の二重、三重の確認も必要で、ますます時間がかかって当たり前…というのが従来の正統的な古生物学者の考え方でした。

問題は、古生物学者が(他の分野の学者同様に)標本やデータについてなかなか共有しようとしないことです。なので、ある研究者が10年もかけて化石を吟味している間、他の人はそれを見ることすらできないんです。標本の公開もないし、その模型やデジタルスキャンや関連するデータも共有されません。

10年ほど経って研究者が分析結果に確信を持てれば、写真や測定データとともに論文が公表されます。でも化石の模型を作ったりそれを他の研究者や教育者に提供するには、発表からさらに数年もかかることがあります。

賛否両論はあるべき姿

「新種のヒト発見」は間違い? 原始人類学界で議論沸騰中 3

Berger氏はその慣習を破り、化石の発見からわずか2年後にそれを公表し、化石のデジタルスキャンまで公開して誰もがレプリカを3Dプリントできるようにしました。こうした前例はなく、同分野の研究者には歓迎する向きもあります。

とはいえ、「Berger氏はナショナル・ジオグラフィックの撮影スケジュールに合わせるために発掘を急いでいた」とする批判にも一理はあります。「(Berger氏の論文を掲載した)eLifeの査読が手ぬるいから、間違いだらけの論文でも発表できてしまった」という意見も、言いがかりではないかもしれません。でも何か問題があれば、発表内容の質として反映されてくるはずです。そして化石から得られたデータも非常に詳細に公表されているので、誰でもそれをチェックし、批判できるんです。それは科学のあるべき姿です。

ホモ・ナレディをめぐる議論は、Berger氏のチームによるナショナル・ジオグラフィックの記事から、TimeNewsweekでの批判者側の記事まで、誰もがアクセスできます。これらがオープンになっていることで、原始人類学だけでなく科学全体の議論のあり方についても光が当たっています。

Berger氏とそのチームの主張は、もしかしたらどこかが間違っているかもしれません。それでも彼らは、科学者としての役割をきちんと果たしているのです。

Kiona Smith-Strickland-Gizmodo US[原文

(miho)