グーグル親会社の気球インターネット「Project Loon」いよいよ始動開始

なんだかロマンチックですね。

グーグルの親会社「Alphabet」がすすめる、気球Wi-Fi提供プロジェクト「Project Loon」。気球をWi-Fiのアクセスポイントにしてこれまでインターネットが使えなかった地点もオンライン化しようという野心的な計画ですが、今後はまずインドネシアで試験を開始することになりました。

同社はインドネシアの3つの携帯キャリアと協力することで、気球Wi-Fi経由でインターネットを提供するそうです。インドネシアは世界最多となる1万7000以上もの島からなっており、地形も山が多い場所からジャングルまでさまざま。そんな場所では、きっと固定インターネットを整備するよりも気球インターネットのほうが適している場所も多いことでしょう。

全国いたるところまでインターネットが整備された日本とは違い、インドネシアではたった1/3の住居からしかインターネットに接続できず、しかもそのスピードはかなり遅いそうです。この気球Wi-Fiのインターネット速度は最大10Mbpsに達するというのですから、計画が実現すれば同国のインターネット環境は格段に向上しそうです。

Alphabetには、「現在インターネットにアクセスできていない40億以上の人にインターネットを届けよう」という壮大な計画があります。同社のこれまで想像もできなかった気球Wi-Fiプロジェクトで、インターネットの様子は今後大きく変わるかもしれませんね。

source: USA Today , The Verge

(塚本直樹)