「壊れた?よし、パーツ交換だ」なPuzzlePhone

「壊れた?よし、パーツ交換だ」なPuzzlePhone 1

脱着にはロマンがある!?

パソコンの自作は最近ちょっと元気がありませんが、スマートフォンスマートウォッチの組み立てプロジェクトは注目度が急上昇中。そしてその中に、新たな組み立て式スマートフォン「PuzzlePhone」も仲間に加わろうとしています。

「壊れた?よし、パーツ交換だ」なPuzzlePhone 2

フィンランドで生まれたこのPuzzlePhoneは「1、Brain/2、Spine/3、Heart」の3つのパーツから成り立っています。名前からもなんとなく想像がつきますが、Brainがプロセッサやカメラ、Spineがディスプレイとフレーム、Heartがバッテリー部品です。

PuzzlePhoneではこれらを必要に応じてリプレイスすることにより、将来的なアップグレードの費用を抑えたり、故障時の修理代金を抑えることができるという仕組みです。グーグルのProject Araはもっと細かくパーツをえらべますが、PuzzlePhoneのシンプルさも好印象ですね。

PuzzlePhoneはクラウドファンディングサイトのIndiegogoで資金を募集し、製品化を目指します。予約開始は11月3日からで、製品の出荷は来年中旬以降。価格は標準価格で449ユーロ(約6万円)か499ユーロ(約6万6000円)です。

新たにスタートした組み立て式スマホの新プロジェクト、今後の成り行きが楽しみです。もしかしたらそのうち、スマートフォンの自作ブームなんて起きるかも?

source: PuzzlePhone via BGR

(塚本直樹)