1周年の楽天モバイルは“二味違う”。限定モデル含む新スマホ続々&攻めのポイント還元を決行

Sponsored

151029rakuten_ginza-main.jpg

祝! 楽天モバイル1周年!!

2014年10月29日に産声を上げた楽天モバイルが、1周年を迎えました。おめでとうございます。

151029rakuten_ginza-01.jpg

そのタイミングに合わせて、東京は銀座にあるショッピングビル「銀座ファイブ」1階に、「楽天モバイル 銀座店」がオープン。店頭で楽天モバイル端末の購入や、SIMカードの契約が行えます。

151029rakuten_ginza-02.jpg

本日のオープニングセレモニーでは、楽天株式会社副社長の平井康文氏が登壇。「顧客接点」「端末」「料金・サービス」をますます強化していくと述べました。「顧客接点」の充実は実店舗の拡充が必須。立地条件がよいこの銀座店は、多くの人が立ち寄る場所になるのではないでしょうか。

image.gif

また、平井 康文副社長を始め、楽天株式会社執行役員の大尾嘉 宏人氏、フュージョンコミュニケーションズ代表取締役社長の池口 正剛氏、数寄屋橋ショッピングセンター代表取締役社長の柳澤 眞人氏が参列。華々しくテープカットが行われました。

楽天モバイル限定カラーもある! 新端末が多数登場

楽天モバイル1周年、および楽天モバイル 銀座店の開店に合わせて、新端末の発売も開始しました。まずはスマートフォンからご紹介しましょう。

AQUOS SH-RM02

151029rakuten_ginza-04.jpg

狭額縁の「EDGEST」(エッジスト)スタイルを採用した5インチ液晶のシャープ製スマートフォン。背面カメラは約1310万画素。フルHD動画やタイムラプス撮影にも対応しています。

151029rakuten_ginza-05.jpg

本体色はホワイトに加え、楽天モバイル限定のレッド、ゴールド、ネイビーがラインアップ。また、容量32GBモデルは楽天モバイルのみの限定となっています。

お値段は一括3万9800円(税別)、楽天カード分割払い(24回)1,791円(税込)。1周年記念キャンペーンで、5,000円相当の楽天スーパーポイントがつきます。

arrows RM02

151029rakuten_ginza-06.jpg

本体幅68.9ミリメートルのスリムデザインと5インチの有機ELディスプレイが特長の富士通製スマートフォンです。防水・防塵仕様となっており、アウトドアでも安心して使えます。最大3日間持続するバッテリーも魅力的です。

151029rakuten_ginza-07.jpg

本体色はブラックとホワイトに加え、楽天モバイル限定カラーのゴールドの全3色となっています。

お値段は一括2万9800円(税別)、楽天カード分割払い(24回)1,341円(税込)。AQUOS同様、1周年記念キャンペーンとして5,000円相当の楽天スーパーポイントがつきます。

Desire 626

151029rakuten_ginza-08.jpg

スタイリッシュなHTC製スマートフォン。高画質な約1300万画素のメインカメラを搭載。また、好みに応じてインターフェイスをカスタマイズできる「HTC Sense」で、より自分好みの端末にすることが可能です。

本対色はピンクのほか、楽天モバイル限定カラーのブラックとホワイトが用意されています。また、数量限定で先着購入者に専用カバー「ドットビューケース」がプレゼントされます。

お値段は一括2万7800円(税別)、分割払い(24回)1,251円(税込)。こちらにも、1周年記念キャンペーンとして5,000円相当の楽天スーパーポイントがつきます。

以上3機種は、本日から発売開始となっています。

Liquid Z330

151029rakuten_ginza-09.jpg

初心者でも簡単に使いこなせる、Acer製スマートフォンです。画面表示を「簡単モード」「キッズモード」から選択可能。幅広い層で使いやすい設計となっています。

この端末は楽天モバイルの独占販売となっています。発売は12月の予定です。

151029rakuten_ginza-10.jpg

一番の驚きは、その価格。なんとLTE対応一括1万2000円(税別)、楽天カード分割払い(24回)540円(税込)。実機を見てみると、低価格なスマートフォンとは思えない上品な質感。明らかに、これまでの低価格スマートフォンとは違うと感じさせてくれるデザインと手触りが楽しめます。

ZenPad 8.0 & ZenPad 10

151029rakuten_ginza-11.jpg

Androidタブレットも2機種発売。ASUS製の「ZenPad」です。8インチモデルのほうは通話にも対応しているため、タブレットPCとしてだけはなく電話としても使えます。

価格はZenPad 8.0が一括2万3800円(税別)、楽天カード分割払い(24回)1,071円(税込)。

ZenPad 10が一括2万9800円(税別)、楽天カード分割払い(24回)1,341円(税込)。

楽天のSIMカードとセットで購入すると、16GBのmicroSDカードがプレゼントされます。

楽天モバイル1周年記念キャンペーン実施!

151029rakuten_ginza-12.jpg

まだまだありますよ! 本日から「楽天モバイル1周年記念 超豪華4大キャンペーン」も実施されています。

内容は以下の通り。

◆「honor6 Plus」申込者に最大1万3000円キャッシュバック

◆対象端末申込者に最大1万2000円相当の楽天スーパーポイントプレゼント

◆おサイフケータイ®対応端末の申込者に「楽天Edy」で1,000円分プレゼント

◆「楽天モバイル」の申し込みと中古端末の売買契約成立で、最大6,000円相当の楽天スーパーポイントプレゼント

さすが1周年、気合の入り方が違いますね。銀座にショップができたことにより、これよりも楽天モバイルが身近になることは間違いありません。

特に、今回発売された4機種のスマートフォンは、楽天ならではの低価格ながら、国内外の有名メーカーの機種ということで安心感も高く、思わず欲しくなる端末ばかりでした。

ちょっと前まで、安価なスマートフォン端末はそれなりのクオリティだったことを考えると、スマートフォンがさらに身近なものになったんだなと感じました。

メインのスマートフォンとして所有してもよし、家族用の端末として、自分のセカンドマシンとしてもよし。楽天モバイルの新端末は、幅広い層で満足できるものだと思います。銀座に行く機会があれば、楽天モバイル銀座店に立ち寄って端末を触ってみると、欲しくなっちゃうかもしれませんよ!?

source: 楽天モバイル

(三浦一紀)