サウジ(麻薬は極刑)の王子が麻薬2トン所持で逮捕

2015.10.28 13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ:中東 , 麻薬

151027saudi_prince.jpg


サウジのアブドゥル・モーセン・ビン・ワリード・ビン・アブドゥラジズ王子がレバノン空港で月曜、2トンの麻薬を所持しているのが見つかって逮捕されました。

レバノン当局が王子の自家用機のスーツケース40個を開けて調べてみたところ、中から重量4,000ポンド(1814kg)ぶんのアンフェタミン錠剤とコカインが発見された模様です。自家用機はサウジの首都リヤドに向かうところでした。取締当局がAFPに語ったところによれば、ベイルート国際空港史上最大の密輸未遂とのことです。

サウジアラビアは人口は中国の50分の1*、イランの人口の3分の1なのに、中国、イランに次いで処刑の多い国で、麻薬所持は極刑です。ちょうど王子が捕まる数時間前にも、パキスタン人の麻薬密輸業者が処刑されたばかりでした。

アムネスティ・インターナショナルによると、サウジアラビア国内の死刑囚の47%はドラッグ犯罪がらみとのこと。2014年8月からの1年間で処刑された人は175人いるので、4日にひとりは麻薬で誰かが処刑されている計算です。そんななか、王子は2トントラック1台分スマグル…。

サウジの王子といえば、先日もビバリーヒルズの豪邸の使用人がマジド・ビン・アブドゥラー・ビン・アブドゥラジズ王子をセクハラで訴えています。こっちの王子はコカインと酒で酩酊した上で全員に服を脱げと命じ、「私は王子、なんでも好き勝手にできる」とうそぶいたと使用人たちは言っています。

*追記:サウジアラビアの人口に対して、不正確な情報を記載しておりましたため、該当部分を修正いたしました。


source: Salon

(satomi)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア