テクノロジー×カフェバー。スターバックスが最新鋭のBarを開店です

テクノロジー×カフェバー。スターバックスが最新鋭のBarを開店です 1

夜も楽しめるスタバへ。

流行ってますよね、夜カフェ。カフェって1人でも入りやすいし、落ち着けるから好き。だけど、欲を言えば美味しい料理とアルコールが飲みたい。そんな願いを知ってか知らずか、スターバックス・コーヒーがまったく新しい試みをロンドンでスタートさせます。

Starbucks Reserve Bar」と銘打たれたその店は、作りたてのデニッシュをはじめ、サラダやお肉料理、チーズプレートなどの食べ物と、ワインやクラフトビールなどのアルコールを提供するスタバ初のBarスタイルのお店です。

スターバックスによると、このReserve Barを開店するにあたり最高品質と革新性を追求したとのこと。コーヒーには5つのマシン(クローバー、ブラックイーグル、サイフォン、ケメックス、プアオーバー)を使ったスペシャルな抽出方法を採用。ビールは地元ロンドンのクラフトビール。ワインはワシントン州のワイン畑から選定したものが提供されるのだそう。

しかも、iPhoneやiPadなどのモバイル機器からオーダーやお会計できて、充電用のパワーマットも完備、100MbpsのWifiも使い放題と、テクノロジー面でも徹底されています!

オペレーション部門のVPであるライズ・アイリー氏は「ロンドンは最も激しいコーヒー市場だからね。でもBarは違うんだ」って語していますが、それにしたって力入れすぎぃー。ものすごいこだわりを感じます。

今回はロンドンだけのオープンですが、スタバの夜カフェ、ぜひ日本にもやってきてほしい!

source: The Guardian

(前田真希子)