車内全部がスクリーンに、日産の斬新すぎるコンセプトカーデザイン

車内全部がスクリーンに、日産の斬新すぎるコンセプトカーデザイン 1

シートもハンドルもダッシュボードも全部スクリーンに…!

日産が提案するコンセプトカーは、車内全体がスクリーン化するという斬新なアイデア。日々どうせスマートフォンやコンピューターのスクリーンにまみれて過ごしているんだから、車の中だってスクリーンになってもいいじゃない?

コンセプトモデルとして作られたのは、日産の軽の電気自動車(EV) 「TEATRO for DAYZ(テアトロフォーデイズ)」。10月30日からビッグサイトで開催される東京モーターショーで実物を見ることができます。あくまで「コンセプトカー」、実際に発売されるかどうかは今のところ全くの不明ですが、でも車の未来を考えるには面白いコンセプトですよね。

日産によると、EATRO for DAYZはスマートフォン身近に利用するデジタルネイティブ世代向けにデザインされ、コンセプトは「真っ白なキャンバス」。

車内全部がスクリーンに、日産の斬新すぎるコンセプトカーデザイン 2

運転中は真っ白なインストルメントパネルに計器類や地図などが映し出され、ドライバーの目の前にあるのはステアリング、アクセルペダル、ブレーキペダルのみ。真っ白なキャンバスにメーターやカーナビなどを好きな場所に好きな大きさに自由に配置し、不要なものは消すことができるのだそうです。

運転を終えるとインテリア全体にリアルな映像を映し出すことができ、その映像は完全にカスタマイズ可能。視界いっぱいに大音量でゲームをしたり、ライブ映像を流して友達と大迫力のフェス気分を楽しんだり、季節に合わせてインテリアのデザインを変えたり、自由自在にクリエイティブに車の中という空間をアレンジすることができるのだそうです。

こんな車を乗りこなす若者がいたらどんだけ自由なんだ…と思いそうですが、どちらにせよ、寝ている以外の生活の90%はスクリーンに冒されているガジェット人間なら、こんな車もありかもしれません。

車内全部がスクリーンに、日産の斬新すぎるコンセプトカーデザイン 3

車内全部がスクリーンに、日産の斬新すぎるコンセプトカーデザイン 4

車内全部がスクリーンに、日産の斬新すぎるコンセプトカーデザイン 5

車内全部がスクリーンに、日産の斬新すぎるコンセプトカーデザイン 6

車内全部がスクリーンに、日産の斬新すぎるコンセプトカーデザイン 7

images by Nissan

source:Nissan via IT World and Japan Times

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(mayumine)