お天気召喚ガジェット「Tempescope」。雨音に癒されるし…遊びがいもあった

151022_tempescopetwit1_R.JPG

Tempescopeプロトタイプ、大地に立つ。

颯爽とデビューした時、Indiegogoが始まった時と、2度に亘ってお伝えしてきた天気予報&再現装置「Tempescope」。スマホで天気予報を取得したり、天気予報と関係なく、任意の天候を選んで再現できる"翌日の空を眺める窓"のようなもの。

ありがたいことに、プロトタイプがギズモード編集部に! woop woop! といわけで、じっくり見させてもらいましたよ。

雨が降るとこんな感じ

開発者の河本健氏との雑談ががっつり録音されてしまっているが、雨のしとしと感を感じで頂けるだろうか…無理? 雨音は脳波をアルファ波にする効果があるとかで、雨音のしとしと感が自然と心を落ち着かせて、集中力も向上するんだとか。

151020_tempescope2.JPG

曇り空。雲海のように漂うだけでなく、入道雲のような表現も

151020_tempescope3.JPG

天気の操作はアプリから(現在iOS版のみ)

Q&A

虹とか嵐とか、既存以外の天気を再現可能?

虹、台風、雪は実験はしてますがまだ実用段階ではないです。そのうち出来ればいいなと思ってます。

将来的にはIndiegogo以外でも入手可能になりますか?

Indiegogoが成功すれば、来年以降一般販売もしていきたいと考えてます。

Androidアプリはいつ頃対応になりますか?

Android版はクラウドファンディング版の出荷する時期には出ます。

完成品のLEDライトは何色に?

LEDはフルカラー出せるので何色でも出ます。基本的な使い方では日中は青空、朝と夕方は赤、雷は青白い点滅で表現します。

LEDが良い雰囲気。天気を一通り再現

新宿の夜景を背に、Tempescopeが再現できる天気を曇り~雨~雷~晴れといった順に一通り再現。LEDライトにぼんやり天気が現れて、想像以上にムーディな雰囲気に…。

フィギュアケースにもなっちゃう?

冒頭の雨バルタンは開発者の河本氏によるもの。フィギュア・ジオラマの撮影ブースに、なんて用途も面白そうです。

現在、Indiegogoで出資受付中。出資枠は5ドルのサポーター枠、組み立てキットが受け取れる199ドル(約2万3000円)枠、組み立てキットにカスタムロゴをレーザー彫刻してくれる249ドル(約3万円)枠の3種類が用意されています。

出資受付期間残り13日、目標金額398,000ドルに対して239,141ドルが出資されており、なかなか人気なよう。フィギュアのショーケー…ではなく、お部屋のインテリアに良い感じではないでしょうか。

151020_tempescope1.JPG

source: Tempescope

(ロバーツ町田)