Twitter新CEO、自身の保有株のうち3分の1を従業員に寄付

Twitter新CEO、自身の保有株のうち3分の1を従業員に寄付 1

太っ腹!

TwitterのCEOに戻ってきたジャック・ドーシー氏。きっと彼は今後生活に困らないだろう十分なお金を持っていることでしょう。それが関係あるのかはわかりませんが、先日、彼は保有しているTwitter社の株の3分の1を従業員に寄付することを発表しました。

このことはツイートを通して発表。ドーシー氏は彼が持っている株の3分の1、およそ2200万株を従業員用の株式プールに寄付し、その後従業員に配分されることになります。寄付される株全体の価値はなんとおよそ2億ドル(約240億円)

この発表に関して、ドーシー氏はこう語っています。「小さいものの大きな部分を持つより、大きなものの小さい部分を持つ方がいい。私はTwitterをもっと大きくできると確信している。」…まあ、小さい部分と言っても、まだ少なくとも4億ドル(約480億円)分の株は持ってるわけですけどね。

例えそうだとしても、先日336人の従業員を解雇したばかりのドーシー氏に対しての現従業員からの視線は、多少は好意的になるかもしれませんね。

image by Esten Hurtle under Creative Commons license.

source: Re/Code

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(SHIORI)