アマゾンのVRゴーグル計画が進んでいる?

アマゾンのVRゴーグル計画が進んでいる? 1

価格破壊とかあるのかな?

目の前に大画面が広がるVRゴーグルは以前はあまり実用的ではありませんでしたが、今やソニーやフェイスブック、マイクロソフト、そしてグーグルまでもが製品を投入する一番熱い分野。そんな中、やはりというべきかアマゾンも対抗製品を練っているようです。

USPTO(米国特許商標庁)によって先日公開された特許からは、アマゾンがVRゴーグルの案を練っていることが見て取れます。実は今年6月にもアマゾンによるVRゴーグルの特許が確認されているんですが、今回の方はよりスマートで実用的なデザイン。スポーツなんかに持ってこいって感じですね。

このVRゴーグルはタブレット端末などと連携し、画像や動画を表示できるそうです。さらに、ユーザーの操作でディスプレイを不透明モードから透明モードへ変化させることもできるんだとか。これについて、特許は「モード調整によってユーザーは外界から隔離されることなく、映画やゲームなどに没入することができる」と説明しています。

きっと、本気でゲームや映画を見るときは不透明モードに、ちょっと外界に気を配る必要がある時は透明モードに変更、みたいに使うんでしょうね。VRゴーグルを日常的に使うには役に立ちそうな機能です。

来年はさまざまなVRゴーグル製品の発売が開始されますが、そのなかにアマゾン製のVRゴーグルはあるんでしょうか?

source: USPTO via re/code

(塚本直樹)