Windowsでアプリへのショートカットを便利にするちょっとしたTips

Windowsでアプリへのショートカットを便利にするちょっとしたTips 1

ようこそ、Windowsラブのみなさま。

以前、Windows 10で可能な約50個のショートカットをご紹介いたしました。すべてを使いこなす方は少ないかと思いますが、自分がよく使うアプリやファイルって大体決まっているものですよね。毎回マウスでフォルダを辿っていくのもいいですが、今回は、キーボード操作一発でファイルやアプリを呼び出せるようになる、オリジナルのショートカットキーを作成する方法をご紹介致します。

1: 利用したいアプリまたはファイルを右クリック

2: 表示されるメニュー中の「ショートカットの作成」をクリック

3: デスクトップに作成されたショートカット(矢印マークが目印)を右クリック

4: 「プロパティ」をクリック

5: 「ショートカットキー」の欄をクリック、キーボードの割り当てたいキーを押す

※ショートカットキーは「Ctrl + Alt」を併用します。

古くからのWindowsユーザーにはお馴染みですが、Windows 10でも引き続き利用可能です。一度設定しておくと、作業がとてもラクになることもありますので、是非お試しください。

David Nield - Gizmodo Field Guide[原文

(渡邊徹則)