WW2時のドイツの爆弾カモフラージュとその記録

2015.10.02 22:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

151001wwiibombs.jpg


なにこれ食べれるの? いえいえ爆弾です。

この板チョコ爆弾は、第二次世界大戦当時イギリスの首相であったウインストン・チャーチルさんの暗殺計画に使われようとされていたんです。でもこのイラストがみつかったのは最近のこと、他のカモフラージュ爆弾とともに、70年間眠っていたストーリーを見ていきましょう。

第二次世界大戦で、ドイツのサボタージュ(破壊活動)の専門家たちは、それが爆弾だとバレないようなカモフラージュ爆弾を開発していました。当時イギリスのMI5には、これに対抗するための対サボタージュ・爆発物の専門チーム「B1C」が存在しました。B1Cのメンバーは、科学者のVictor Rothscildさん、彼の秘書でのちに妻となるTeresa Georgina Mayorさん、そして警部補であるDonald Fishさんのたった3人でした。


151001wwiibombs2.jpg


Rothschildさんはかの有名なロスチャイルド家の子孫で、膨大な資産をサボタージュ対策の仕事につぎ込んでいました。チョコレートを折ると7秒後に爆発する板チョコレート型の爆弾。オイル缶の中に仕込まれた爆弾。食料の下に爆弾が詰め入れてある軍用食料缶型爆弾などなど。様々な爆弾がありました。彼はイギリスに送られてくるブービートラップ装置をアーティストに描かせたいと思っていました。

Rothschildさん自身も、玉ねぎの積み荷の中に隠された爆弾を自ら解除したことで有名です。この時には電話口で解除する様を描写しながら爆弾解除を行い、もし彼自身が失敗しても、次に同じ爆弾を解除する人は同じ間違いを起こさないようにとの思いからでした。


151001wwiibombs3.jpg


爆発物/爆弾解除を記録するというプロジェクトに、Donald Fishさんが推薦したのは彼の息子、製図者のLaurence Fishさんでした。彼はアルヴィス・カー・アンド・エンジニアリング・カンパニーで磨き上げたテクニカルドローイングの技術で次々と絵を描いていきました。しかし多種多様な形で現れる爆発物は終わり知らず。暗殺計画の他に、ドイツ軍はイギリスの船に爆弾を取り付け、その船を通過させ、のちに爆発するという計画も立てていました。この記事に見られるような日用品に化けた爆弾の他にも、Laurence Fishさんは船を標的にしたより複雑な磁石式リムペットマインの図面なども描いています。

Rothschildさんは数多くのカモフラージュ爆弾を発見し、またそれらを解除するすべを学びました。しかし、彼が必要としたのはそれらの記録でした。ほかの人たちに偽装爆弾を認識し、それらを解除するすべを学んでもらうためのマニュアルが作りたかったのです。RothschildさんはLaurence Fishさんに「Secret(秘密)」の印がつけられた手紙の中でこのマニュアル制作の依頼をしています。その結果が緻密なテクニカルドローイングの数々でした。コンピューターなどない時代に描かれた、正確で緻密な描写は、爆弾のマニュアルであるという以上に美しさも兼ね備えています。


151001wwiibombs4.jpg


そして戦争が終わり、残念なことにこれらのドローイングは行方知らずになってしまいました。しかし最近になってロスチャイルド家が「倉庫の奥深く」にイラストの入った箱があるのを発見、日の目を見ることになったのです。Victor Rothschildの娘VictoriaさんはこれらをFishの未亡人であるJean Brayさんに送りました。Brayさんはこれらのドローイングが博物館やアーカイブなどに収蔵されればと願っています。彼女のお気に入りは、複雑な回転ディスクが21日間のタイマーを動かす爆弾のドローイングだそう。

上部に特に太い字で書かれているのは「このネジは緩めるな」。そして底には同じく太字で「このネジを先に緩めること」と書かれています。

とBBCは描写しています。間違いなく人々の命を救ったことでしょうね。

決して爆弾であるとは疑いもしないであろうカモフラージュされた爆弾の数々も見事なものですが、それらを見つけて解除し、記録した人々の見事さも将来に伝えたいものです。願わくばB1Cの活躍と、Laurence Fishさんのドローイングを博物館で、もしくは本として出してもらいたいものですね。


Images by Antony Thompson/TWN
source: BBC

Kaila Hale-Stern - Gizmodo US[原文
(abcxyz)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア