3Dプリント自動車で、未来のクルマづくりが変わりそう!

そのうち個人でも作れるかな?

最近は小物だけでなく、さまざまなものの製造が可能になった3Dプリント。そしてその応用分野は自動車にまで広がっています。

3Dプリント自動車で、未来のクルマづくりが変わりそう!  1

上の自動車を作ったのは、アリゾナのLocal Motorsという会社。同社は初の公道での走行が可能な3Dプリント自動車「LM3D Swim」5万3000ドル(約650万円)を売りだそうとしています。ちょっと外観と値段が釣り合っていない気もしますが…このような地元メーカーが自動車製造に進出できたという事実は、特筆すべき出来事でしょう。

3Dプリント自動車で、未来のクルマづくりが変わりそう!  2

この自動車、車体の約75%は3Dプリントで製造されています。素材は8割がABS樹脂で2割がカーボンファイバー。また注文時にオーナーが車体デザインをカスタマイズすることも可能です。この自由さこそ、3Dプリントの強みですね!

Local Motorsは以前も3Dプリントで製造した自動車「Strati」を発表しています。こちらはボディパーツがたったの40個で、わずか約44時間で製造できるんだそうです。これだけでも3Dプリント自動車が従来の自動車とは全く違うことがわかります。

3Dプリント自動車で、未来のクルマづくりが変わりそう!  3

3Dプリントでの自動車製造には、フレキシビリティという圧倒的な強みがあります。つまり、従来のような巨大な生産ラインが必要ないので製造台数が少なくても採算が取りやすく、また1台ごとのカスタマイズも容易なんです。これはLocal Motorsのような小さなメーカーにはピッタリな製造方法ですね。

LM3D Swimは来年2016年の後半にはクラウドファンディングサイトでプロジェクトを開始し、車両の安全性テストも行なう予定です。3Dプリントでの自動車製造が一般的になれば、世界でたった1台のオリジナルデザインの自動車が普通に買えるようになるかもしれませんね!

source: Digital Trends

(塚本直樹)