グーグル、まさかのAndroid用プロセッサの独自デザインに乗り出す?

グーグル、まさかのAndroid用プロセッサの独自デザインに乗り出す?  1

グーグルはすべてを支配したい?

AndroidスマートフォンといえばグーグルがOSを作り、ハードウェアはその他のメーカーにお任せ。そんな構図が今後崩れるかもしれません。The Informationは独自情報として、グーグル独自にデザインしたプロセッサの製造について、複数メーカーと協議していると報じています。

プロセッサのデザインとはこれまでのグーグルとは随分異なったチャレンジだなーとも思いますが、報道によればその狙いは「Android端末に統一性をもたらすため」なんだそうです。グーグルはハイエンドスマートフォンの機能を統一化することにより、よりOSに先進的な機能を持たせてiPhoneに対抗する計画なんだとか。確かに、OSからプロセッサまで自社でデザインできれば、思い切った新機能の導入もこれまでよりも容易になるでしょう。

このプロセッサのデザインを自社で担当するやり方は、皮肉なことにアップルのそれに似ています。アップルはAシリーズプロセッサを自社でデザインしサムスンやTSMCに製造させることで、独自機能の搭載プロセッサ供給の安定性を図ってきました。

それにしても、グーグルがプロセッサをデザインするのならどのメーカーに製造を委託するんでしょう? すでにAシリーズプロセッサの生産を担当しているTSMCやサムスン、それにグローバルファウンドリーズなんかは十二分に有り得そうです。あるいは、予想外のインテルが担当するかもしれません。

しかしいずれにしても、グーグルがハイエンドプロセッサをデザインするのなら、同じくハイエンドプロセッサで大きなシェアを占めるクアルコムとの競争は避けられないでしょう。いやはや、どうなることやら…。

もしかすると、今回の動きはグーグルがどこまでプロセッサを自社で開発できるのか、ちょっと手探りしてみただけなのかもしれません。でも、iPhoneのようにOSからプロセッサまで垂直統合型で開発されたAndroidスマートフォンがあったら、ちょっとさわってみたいですね!

image by mickyso / shutterstock.com

source: The Information via The Verge

(塚本直樹)