イヌが人と暮らし始めたのは1万5000年以上前から

イヌが人と暮らし始めたのは1万5000年以上前から 1

意外と歴史が浅い?

イエイヌ(ヤマイヌではなく家畜やペットとしてのイヌ:以下、イヌ)と人間の付き合いは、とても長いです。世界各国にある古代の文献や彫刻、絵画などにも人とイヌの関わりが描かれています。

ですが、2万7000年前にオオカミから分化したあと、いつごろからどの地域でイヌが人と暮らし始めたのかは、わかっていませんでした。これまでも、ヨーロッパや中近東、シベリア、中国など、さまざまな説がありましたが、いま最も有力な候補が1万5000年前の中央アジアです。

コーネル大学のLaura M. Shannon博士とAdam R. Boyko博士を中心に結成された研究チームは、純血種だけではなく、野良犬や雑種犬も調査対象にしました。今回の研究では、38カ国549カ所の村から採取した5,392頭分のイヌのゲノムを解析しました。

その結果、いま世界中に分布しているイヌの先祖は、少なくとも1万5,000年以上前から人と暮らし始めたこと、彼らはネパールからモンゴルを含む中央アジアに分布していたことがわかったんです。

この研究の結果は、10月19日に米国科学アカデミーが出しているNational Academy of Sciencesに掲載されました。Boyko博士によれば、ほかの地域に由来する犬種もありますが、現存するイヌの多くが中央アジアにルーツを持っているそうです。それか、何かしらの理由で中央アジアに集まったイヌたちが、世界各地に拡散したという考え方もできます。真実が気になりますね。

image by Yongyut Kumsri / shutterstock

source: New York Times, National Academy of Sciences

(高橋ミレイ)