ゲーム業界激震! 「キャンディークラッシュ」開発元をActivisionが買収

151103ncandy.jpg

群を抜く中毒性でスマホユーザーを虜にしている「キャンディークラッシュ」。なんとその開発元のキング・デジタル・エンターテイメントが、巨大ゲームソフト会社のアクティビジョン・ブリザードに59億ドル(約7100億円)で買収されたんです。予想していなかった、衝撃の展開。

アクティビジョン・ブリザードといえばコールオブデューティーやギターヒーロー、スタークラフトなどの著名タイトルを抱える、ゲーム業界の超大御所。そのゲーム業界の雄がスマホゲーム会社を買収したんですから、いろいろ勘ぐってしまいたくなるのは仕方ないところです。

アクティビジョンはこの買収について、「モバイル/コンソール/PCの垣根を超えたインタラクティブエンターテイメントのリーダーになるため」のものだと説明しています。さらに同社の最高経営責任者のBobby Kotick氏によると、キング・デジタル・エンターテイメントの60%のユーザーは女性で、ゲームコンソールを持っていないそうなんです。

今回の買収で、アクティビジョンはより多くのスマホ/ライトゲーマー層へ自社のゲームをアピールすることができるようになります。さらなるプレーヤーの取り込みのためにも、モバイル分野への本格的な進出は不可避だとアクティビジョン側が判断したのかもしれませんね。

なんでも、買収後の2社が抱える月間のアクティブユーザー数は196カ国で5億人を超えるそうです。ゲーム業界の巨大な買収劇が今後どんな影響をもたらすのか、見ものですよ。

source: The Wall Street JournalBBC News

(塚本直樹)