イスラエルの恐るべき軍事兵器「カミカゼドローン」

151105nkami1.jpg

あらゆる技術は軍事にも結びつく…というわけで、当然というべきかドローンも軍事利用が進んでいるわけです。上の写真は、イスラエルの「Hero-30」。重量7ポンド(約3,2kg)未満の本体で1ポンド(約0.5kg)の弾頭を敵にお見舞いする、次世代の軍事用ドローンです。

151105nkami3.jpg

Hero-30は圧縮空気によって空中に打ち出されます。その後翼を展開し、本体後ろの電動プロペラによって最大115マイル/h(185km/h)まで加速します。もちろんドローンだから、ゆっくり移動することも可能です。

むしろ、このスピードを出さなくてもいいことがドローン兵器のメリットでしょう。ゆっくり目標の頭上に近づき、数マイル先から正確な攻撃が可能になるのですから。

151105nkami2.jpg

本体先端にはカメラと熱感知素子がセットされ、後方の操作手にビデオ映像を届けることができます。また30分の飛行が可能なので、その間に個別の標的を見分けられるのです。これはまさに、小型版のトマホークとでもいいましょうか。市街地戦やゲリラ戦などに恐るべき威力を発揮するのは想像に難くありません。

Hero-30を製造するuVisionではより大型の攻撃用ドローンもラインナップされており、最大150マイル/h(約240km/h)で40ポンド(約18kg)の火薬が装填可能な「Hero-900」なんてのもあります。同社はすでに世界中の軍隊から問い合わせを受けており、このドローンや類似兵器が戦場に登場する日は遠くないことでしょう。

低コスト&低燃費で物資を遠隔地に届けられるドローンだからこそ、配達だけでなく軍事にも十分に転用可能、と。なんだか皮肉なものです。

source: uVision via Popular Mechanics

(塚本直樹)