これってリムジン? いえいえ、トヨタのピックアップです

151105ntoyo.jpg

乗り心地はもゴージャスなのかな?

富と権力の象徴のリムジンと、アメリカのカントリーシーンを象徴するピックアップトラック。どうにも結びつかない2つの車種ですが、トヨタがこの2つを合体させてしまいました。

その名も「Tundrasine」。同車はラスベガスで開催中の自動車イベントのSEMAで公開されたコンセプト車両です。その名前の由来はピックアップトラックの名車「Tundra」。テキサスで開発されたこのコンセプト車両、きっとピックアップトラックを愛してやまないアメリカ人の愛のなせる技なんでしょうね。

151105ntoyo2.jpg

ボディはTundraのシートを90インチ(約2.3m)も延長し、全長は26フィート(約8m)以上にも達します。一体こんな車、どうやって運転したらいいんだ…。ドアパネルは8枚で、内装もかなり豪華。地元に帰っても友達8人ぐらいなら一気に連れてお出かけできます。

約3.6トンの車体を駆動するのは、381馬力を発揮する5.7リッターのV8エンジン。ま、アメ車ですからこれくらいのエンジンは当然でしょう。Tundrasineの市販計画はなさそうですが、パーティー好き&ピックアップトラック好きのアメリカ人なら、いずれ勝手に作っちゃうかもしれませんね。

source: Digital Trends

(塚本直樹)