映画「スティーブ・ジョブズ」、米国の映画館83%が3週間で公開打ち切り

2015.11.10 20:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

151110jobs-movie.jpg


通向けなのか、それとも…?

公開される前から賛否両論あったものの、公開直後は興行成績が順調だった映画「Steve Jobs」(邦題:「スティーブ・ジョブズ」)。一般公開から約3週間経った今、かな~り数字がシビアなことになっています。

「Box Office Mojo」による最新データがこちら


151110jobs-movie002.jpg


ランキング15位、上映されている映画館の数は全米で421カ所。ちなみに、この数字はこの週末11月6〜8日の成績です。10月30日〜11月5日の統計を見ると、ランキングは10位で2,493カ所の映画館が「スティーブ・ジョブズ」を上映していました。

この数字を見る限り、10月23日に一般公開し始めてから3週間足らずのうちに、上映していた映画館の83%に当たる2,072カ所が公開を打ち切りにしているってことになります。

じゃあ、出だしは何であんなに好調だったのかというと、最初の2週間はロサンゼルスとニューヨークの60カ所の映画館でのプレミアム公開だったんです。限定物となれば行ってみたくなるのが人の常ですよね。それに、スティーブ・ウォズニアックやVarietyなどのメディアが絶賛する一方で、故スティーブ・ジョブズ夫人が映画公開の中止を求めるキャンペーンをしたり他の評論家が酷評したりと、評価が極端に分かれたので、余計に多くの人の興味を引いたという側面もありそうです。

ですが、まだ試合終了というわけではありません。公開前に映画を見た批評家の間では「アカデミー賞候補だ」と絶賛する声が上がっていましたし、今からでも巻き返しを図れるかも…。それに、数値的には大成功とならなくても、ファンたちに長く愛される作品はたくさんあります。

日本での公開予定は2016年2月。果たして分かる人には分かる名作なのか、それとも今出ている数字に見合った出来なのか、その目で確かめてみようではありませんか。


source: Box Office Mojo, 映画『スティーブ・ジョブズ』公式サイト

(高橋ミレイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スティーブ・ジョブズ I
  • ウォルター・アイザックソン|講談社
  • スティーブ・ジョブズ II
  • ウォルター・アイザックソン|講談社
・関連メディア