イーロン・マスクのスペースXが宇宙船「ドラゴン」のエンジンテストで開発レベルをクリア

2015.11.17 17:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


民間企業による有人宇宙飛行が現実に近づいています。

イーロン・マスクが率いる宇宙開発企業「スペースX」。そのスペースXが有人飛行用宇宙船「ドラゴン」の推進システムに使われるエンジンのテストをテキサス州マクレガーの試験場で無事成功させました。

このエンジンは「SuperDracos」と呼ばれています。ドラゴンはこのSuperDracosを4ペア、合計8基搭載する予定です。これらのエンジンは合計で54431kg(12万ポンド)の推進力で、緊急時にはドラゴンを1.2秒で時速約160km(時速100マイル)まで加速させることができます。


151116nnasa.jpg


これまでドラゴンはISSへの物資の運搬に使われてきました。しかし、本来は宇宙飛行士を7人搭載できる能力があります。このSuperDracosは万が一の脱出用に、そして将来的には地表への着陸へ利用される可能性もあります。宇宙飛行士の運搬用途として考えれば、SuperDracosのテスト成功はスペースXの計画を大きく前進させることになりそうです。

民間企業による宇宙開発はスペースXだけでなく、ボーイング社でも進められています。20世紀にはNASAが主導していた宇宙開発ですが、21世紀ではNASAと民間政府が知恵を出し合って、夢を現実に変えようとしています。なんだかとってもロマンあふれる計画ですね!


source: NASA via The Verge

(塚本直樹)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア