目指せ火星! NASAが人型ロボットを大学に提供

すでに完成度は高そう。

NASAは2030年代の火星有人飛行を計画していますが、火星を目指しているのは勇気ある宇宙飛行士だけではありません。NASAはアメリカの2つの大学に対し、人型ロボット「ヴァルキリー(Valkyrie)」のプロトタイプを貸し出したと発表しました。2つの大学は今後2年間に渡り年25万ドル(約3100万円)の援助を受ける予定です。

このロボットの提供を受けるのは、マサチューセッツ工科大学とノースイースタン大学。マサチューセッツ工科大学では過酷な宇宙の環境下におけるロボットの自律駆動について、またノースイースタン大学ではヴァルキリーのアクセシブルテストとスペースロボティックチャレンジについて開発が進められます。

このヴァルキリー、またの名を「R5」は、火星を含む地球外探査を目的に開発されています。具体的には宇宙飛行士が到着する前にミッションを行なったり、また宇宙飛行士と協力してミッションを行なうことが想定されています。地球外では有人による活動が難しい場面もたくさんあるので、そのような時にこのロボット技術はきっと役に立つはずです。

ヴァルキリーは全長1.9M、体重125kgとかなりがっしりした体型。駆動はバッテリー方式で、背面のバッテリーパックで1時間の動作が可能です。さらに頭部や腹部、前腕、ひざ、足などには3Dマップの作成に利用するカメラを搭載しています。また北欧神話の戦乙女にあたるヴァルキリーの名を冠しているためか、どこか女性らしいフォルムが特徴です。

これらのロボットは物理的な性能の向上だけでなく、ロボットのシミュレーションを通してより器用で発展した自律制御によるミッションの達成を目標にしています。40年以上前の月面着陸は宇宙船と宇宙飛行士によって達成されましたが、火星への着陸は人とロボットが手を取り合って実現されるかもしれませんね!

source: NASAIEEE SpectrumSlash Gear

(塚本直樹)