英オックスフォード辞書の今年の言葉、2015年は史上初の絵文字「うれし泣きの顔」

1511182015wordoftheyear.jpg

うれし泣き!

毎年恒例、英オックスフォード辞書が選ぶ今年の言葉、2015年の言葉が発表されました。なんと、絵文字の「うれし泣き顔」。絵文字が選ばれたのは今回が初めて

絵文字も文字だというのはわかりますが、絵文字は言葉か?と言われるとちょっと悩んでしまいます。しかし、オックスフォード辞書が今年の言葉ってんだから、絵文字もこれからは大腕を振っていいのでしょう。オックスフォード辞書のブログでは、絵文字を「言葉」として選んだ理由として、この1年の社会の気風や、雰囲気、感心事を最もよく表現していると解説。2015年は、絵文字がメインストリームへと進出した年だったと表しています。中でもうれし泣き絵文字は、世界的に最も頻繁に使われる絵文字。イギリスでは、全絵文字利用の20%、アメリカでは17%が、このうれし泣き絵文字なのです。

例えば、ヒラリー・クリントン氏のこんなツイートも、絵文字がいかに市民権を得ているのかがわかるものではないでしょうか。

「奨学金という借金をどう感じる? 絵文字3つ以内で教えて。」

惜しくも受賞は逃しましたが、最終選考には「ダークウェブ」や「アドブロッカー」などテック系の単語も。一般投票では、今も大きな課題となっている「難民」に支持が集まりました。

1511182015wordoftheyear01.jpg

1511182015wordoftheyear02.jpg

絵文字がEmojiと国際化し、スマートフォンの普及で使う人が増え、ピザやタコスの絵文字も登場し、ついには今年の言葉にまで。絵文字もここまできましたよ。

image: via Emoji Meaning、 via Oxford Dictionaries

source: OxfordDictionaries.com

Kaila Hale-Stern - Gizmodo US[原文

(そうこ)