2018年の新型iPhoneに有機ELがやってくる!?

2015.11.26 15:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

shutterstock_175661117_R.jpg


画質は向上するのかな?

iPhoneといえば美しい液晶ディスプレイが好評ですが、アップルはまだまだそのディスプレイ技術に満足していないようです。日本経済新聞によると、同社は3年後の2018年モデルの新型iPhone有機ELディスプレイを搭載するべく、部品メーカーと協議していると報じています。

バックライトでディスプレイを光らせる液晶とは異なり、有機ELは1つ1つの素子が自己発光するという特徴があります。そのためディスプレイが薄く軽量でフレキシブルになっており、こんなふうにぐっと曲がった製品も作れるのです。また、画像のシャープさやコントラスト比も液晶に比べて優れています。

報道では、アップルは有機ELモデルと液晶モデルを平行して販売するだろうと報じています。同一製品間のスペック差や供給メーカーを明かしたがらないアップルのことですから、有機ELディスプレイは特定モデルのiPhoneだけに搭載されるか、あるいは有機ELディスプレイの採用をしばらくは公開しないかもしれませんね。

ただ気になるのは、現在アップルに液晶ディスプレイを供給しているシャープやジャパンディスプレイです。ディスプレイ部品の供給量が減れば、経営に悪影響が出ることは免れません。すでに市場ではこの報道をうけ、ジャパンディスプレイやミネベアなど液晶関連株が下落しています。LGやサムスンなど、有機ELディスプレイの供給が見込まれるメーカーにはこのニュースは追い風ですが、同技術で出遅れる日本メーカーには3年後の新型iPhoneの登場が試練の時になりそうです。


Top image by Twin Design / shutterstock.com
source: 日本経済新聞会社四季報MacRumors

(塚本直樹)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア