イギリス政府、2025年までに石炭による火力発電所の完全撤廃

2015.11.20 19:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

151120ukcoalpower.jpg


イギリス政府はすべての石炭火力発電所を2025年までに撤廃すると発表しました。早くとも2023年からは石炭火力発電所の使用に制限を設けるとしています。

イギリスには15の石炭火力発電所が残っており、それらが国の電力の28%をカバーしています。しかしエネルギー・気候変動省のAmber Rudd大臣は今回の発表に関し「イギリスのような先進経済国が、二酸化炭素を多く排出し、大気汚染原因となる50年前の石炭火力発電所に頼っているままでは十分ではありません」と説明しています。

なのでイギリスでは2025年までに石炭火力発電所を使うのをやめ、その代わりに「21世紀にふさわしい新たなエネルギー・インフラを作る」のだそう。それがどのようなものになるのかは明確にされていませんが、すでにある計画では、現存の原子力発電所は段階的に撤廃され、より安全な新世代の核エネルギー発電所が作られる予定のほか、これまで通り風、波、水力、太陽光などを利用した持続可能エネルギーにも力を入れていくということです。

今回の発表はパリで開催予定の気候変動に関する会議、COP21に向けたものだと思われます。これによりイギリスは石炭火力発電の撤廃を約束した最初の先進国のうちとの一つとなり、炭素排出量の削減に向けたイギリスの姿勢を明確に表すものといえるでしょう。とは言ってもすべての国が同じ姿勢でいるわけではありませんし、来月フランスでどんな意見がまとまるか興味深く見守りましょう。


Image by Simon Grubb under Creative Commons license
source: Gov.uk via Engadget

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文
(abcxyz)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 京都議定書―21世紀の国際気候政策
  • シュプリンガー・フェアラーク東京
  • エネルギー問題入門―カリフォルニア大学バークレー校特別講義
  • リチャード・A. ムラー|楽工社
・関連メディア