もう耳から落ちない。セルフで、60秒で作れちゃうカスタムBluetoothイヤフォン

もう耳から落ちない。セルフで、60秒で作れちゃうカスタムBluetoothイヤフォン 1

ドライバーユニットはオンキヨー製みたい!

高音質で、しかも自分の耳にぴったりフィットするイヤフォンが、自分で簡単に作れるようになるんです。

イヤフォン界のラスボスといったらカスタムIEM。リスナーの耳型のカタチのケースを作るオーダーメイドなイヤフォンです。もともとステージ上で爆音にさらされるため、自分の声や音がモニタリングできないミュージシャン用のアイテムでしたが、昨今はリスニング用としても人気。秋葉原にある専門店e☆イヤホン秋葉原店カスタムIEM専門店には、3万円台から34万円台まで、様々な製品がそろっています。

外れにくいし音漏れも少ない。遮音性が高く外界のノイズも入ってきにくいし、イヤーピースで耳穴拡張しなくてもよし。いいことだらけなのですが、耳型をとる必要がある、耳奥が汚れていると耳型がとれないなど、ちょっと敷居が高く感じるところもあったりして。

その「敷居」をぐっと低くするのが、現在Kickstarterで資金調達中の「Revols」。なんと自分で、じぶんちで、イヤーピースをMy耳型に合わせられるというBluetoothイヤフォンです。アプリの指示に従って、やわらかなナノコンポジットゲルのイヤーピースを耳に押し込み、硬化させることで耳にピッタリの形状となります。所用時間はたったの60秒。なおカスタムIEMの納期期間はメーカーによって異なりますが、3~4ヶ月かかるところもあったり。

耳型をとって作るカスタムIEMと比べると、遮音性は多少落ちるかもしれません。押し込んだときの力加減をミスって、左右で音道の長さが異なるケースも考えられます。でもRevolsはHi-Fiを重視したものではなく、あくまで利便性を重視としたカスタムワイヤレスイヤフォン。ユニバーサルのS/M/Lなイヤーピースが合わず、ぽろぽろ落ちてしまう方にとっては福音となること間違いないでしょう。いや、耳の穴のサイズって左右で微妙に違う人が多いんですよね。

source:Kickstarter

(武者良太)