中国「17%多く石炭を燃やしていました」。年間10億トンの誤差

2015.11.09 12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

151106_china1-thumb-640x321-134785.jpg


空が真っ黒になるわけだ…。

中国政府が2000年からずっと石炭消費量を17%少なく発表していたことが、国家統計局の最新データでわかりました。

実際には毎年10億トンぐらい余分に燃やしていた模様です。気候変動の枠組みを話し合う12月頭の「パリCOP21」は、だいぶ軌道修正を強いられそうですね。

17%というと、2012年だと1年間で6億トン「余分」に燃やしていた計算。 これは米国の1年間の石炭消費量全体の7割以上に相当し、それで増えるCO2排出量は、ドイツが1年間に出す化石燃料全体の排出量よりまだ多いんでありますよ!

中国の石炭消費は、世界のCO2排出量の5分の1を担う巨大なパイ。国の発電量の3分の2は石炭ですから、たかが17%でもドカンときますねぇ…。今回新たに消費量が申告されたのは、主にセメント・石炭化学製品の工場を含む重工業からのものとのことです。

以下は、ニューヨーク・タイムズが炭鉱の街に取材した動画です。



「ここでは燃やしてないので空はクリーンだよ」と言ってますなぁ…ホントだね。炭鉱ニュータウンだ。


中国は2030年までにCO2排出量の増加をストップすると宣言しています。同紙が取材した専門家たちによると、ピークは予想より高くなりそうだけど、ピークを打つ時期は早まるかもしれないと話しています。

前は気候変動に高飛車だった中国も、今は数値目標を出したり、データもこうして過去に遡って修正してるのは何よりですね。まあ、パリで各国からどんな反応が出るかはわかりませんが…。隠すより一歩前進かと。


Image by Nickolay Vinokurov / Shutterstock.com
source: NYT via Verge

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文
(satomi)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特別企画

家事で空気は汚れる? 「Dyson Pure Cool Link」でチェックしてみた

Sponsored by Dyson 風が強くて気持ちいい扇風機と、微細なアレルゲンも取り除いてくれる空気清浄機。2in1なダイソン・エアマルチプライアーシリーズ最新モデルが、さらなる進化を遂げました...
続きを読む»

・関連メディア