電子書籍、日本で流行らない? 紙で読む派が9割超に

kindle0805.jpg

話題にはなっているはずだけど……。

紙のページをめくりながら読むのが読書。そんな常識が崩れる、新たな読書習慣をもたらすのが電子書籍といわれてきました。分厚い書籍を持ち歩く必要はなく、わざわざ書店へ足を運ばずとも、ネットで好きな本をダウンロード購入して読めてしまう手軽さがいいですよね。

ところが、意外と現状は電子書籍市場に厳しいものもあるようです。今年の読書の秋に合わせて、クロス・マーケティングは、日本人の読書に関する最新調査を実施。首都圏在住の15~69歳の男女1,200名を対象に、インターネット上で読書の実態を訊ねてみたところ、日ごろから読書の習慣があるとの回答者が50.8%。ほぼ半数の日本人が、本や雑誌を定期的に読んでいることが明らかになっています。

一方、どのようなスタイルで読書をしているのかについては、主に紙の書籍で読むとの回答者が93.7%となり、いまだに圧倒的大多数の日本人は紙の書籍で読書をしていることが判明! さらに、紙の書籍で読書をする人のなかで、電子書籍の存在は知っているものの、今後も利用するつもりはないとの回答が57.0%に達し、紙で読むスタイルをやめようとは考えていない人が大半であることも分かっていますよ。

すでに米国では、一時の電子書籍ブームが沈静化し、紙の書籍が勢いを盛り返してきているというトレンドの変化まで伝えられています。電子書籍が普及する道のりは、まだまだ遠そうです。

ちなみに、国内の電子書籍の利用実態としては、読みたい本や雑誌を紙で手に入れにくいときに電子書籍を選ぶという人が多く、基本は紙で読む人でも、状況によっては電子書籍が好まれるケースが目立っています。また、お金をかけずに無料で読める電子書籍には高い人気があるようです。電子書籍ならではの起爆剤となりそうなアピールポイントが待ち望まれているのかもしれませんね~。

source: クロス・マーケティング

(湯木進悟)