月額音楽配信サービス「YouTube Music」、アメリカで開始

月額音楽配信サービス「YouTube Music」、アメリカで開始 1

だんだん役者が出揃ってきましたねー。

YouTubeは11月12日(米国時間)、満を持してサブスクリプション型音楽配信サービス「YouTube Music」を開始しました。このアプリは、iOSAndroidの両OSに対応しています。

一言でいうと、このアプリはYouTubeに音楽サービスとしての肉付けをした設計となっています。音楽サービスとしての取り組みは昨年から段階的に始まっており、昨年末にスタートした動画の広告非表示やモバイル端末でのバックグランド再生に対応したサービス「YouTube Music Key」も記憶に新しいところですね。

YouTube Musicは、パーソナライズ化されたレコメンド機能ラジオ、さらに音楽サービスらしく洗練されたレイアウト(聴きたい音楽を動作再生中に探す、とかではなく)によって、この第一歩をさらに推し進めていこうとしています。

なお、広告非表示やオフライン再生をするためには、月額9.99ドルの「YouTube Red」に申し込む必要があります。また、現在YouTube Musicは日本に対応していないところもちょっと残念なところ。YouTube Redもアメリカのみの提供となっており、アメリカ内で申し込んでも国外に移動すると、動画のオフラインへの保存やバックグラウンド再生ができなくなったり、広告が表示されるようになります(アメリカにいる間にオフラインに保存した動画は、30日間オフラインで視聴可能)。

このあたりが追いついてくると、国内での勝負も面白くなりそうです!

Mario Aguilar - Gizmodo US[原文

(Rumi)