ポケモンにマグリッド...? アップルのナゾな新絵文字の意味をいろんな人に聞いてみる

みなさんはどういう意味で使ってましたか?

「iOS 9.1」が配信されると同時に新しくやってきた絵文字たち。なかにはサングラスをかけてスーツを着た男性が浮いている絵文字や謎のマークの絵文字など「なんだこれ?」と首をひねってしまう絵文字もいくつかありました。そんな絵文字に隠された意味を解き明かすため、米Gizmodoはアーティストやソフトウェアエンジニア、心理学者、ティーンエイジャーなど。いろんな専門家に話を聞いてみました。

はじめに空中に浮いているスーツ姿の人について。

151127newweirdappleemoji.jpg

まず挙がったのはルネ・マグリットの『ゴルコンダ』じゃないか!という意見。それに対してソフトウェアエンジニアのMatthew Rothenbergさんは絵文字フォントの「Webdings」にあったやつだねと話しています。たしかにフォント一覧をみていると似た絵文字がありました。個人的に気にいった解釈はアーティストCarla Gannisさんの「企業文化から逃避しているビジネスマン」というもの。

次はすでに取りあげたことのあるこちらのナゾ絵文字

151127newweirdappleemoji2.jpg

CBSのロゴだ!という意見もあれば、監視やいじめ「誰かがいじめられていたら声をあげよう」的なメッセージなのではという人も。だから吹き出しプラス目なのか!と納得するようなしないような。まだまだナゾは深まるばかり。

ソーシャルメディアストラテジストのTerron Mooreさんは「ポケモンに決まってるじゃん!」と言い切ってます。

151127newweirdappleemoji1.jpg

なんだか深い意味のありそうな穴の絵文字はどうなんでしょうか。

151127newweirdappleemoji3.jpg

アーティストのCarla Gannisさんは「絶望って感じね」とバッサリ。反対に「こういう意味が特定しにくいジェネリックな絵文字に、みんなが新しい意味をつけ加えていくのが楽しみだね」と捉えている人も。たしかにナゾ絵文字だからこそ自由な発想が生まれるというのはあるのかもしれません。

151127newweirdappleamoji4.jpg

新絵文字のなかにはハートのビックリマークやひっくり返ったスマイリーフェイスなど摩訶不思議なものがたくさん。さっそく知り合いに送って反応をみてみようと思います。

Rob Bricken - Gizmodo US [原文]

(Haruka Mukai)