ビル・ゲイツがエネルギーシステムの現状に不満、20億ドル投資で改革目指す

ビル・ゲイツがエネルギーシステムの現状に不満、20億ドル投資で改革目指す 1

2! 0! 億! ドル!

さまざまな活動に興味を持ち支援しているゲイツ氏ですが、彼が今注力したいのはエネルギー問題。エネルギーシステムの現状は間違っている、危ういと指摘し、研究開発に力をいれることで改善できると説いています。さすがのゲイツ氏ですから、言うだけじゃなくてお金もしっかり出します。

ネタ元The Atlanticのインタビューにて、ゲイツ氏は気候変動を食い止めるためにイノベーションを加速させる必要があるとし、そのために20億ドル(約2463億円)を投資することについて語りました。各国対策を講じてはいるものの思い通りには進んでおらず、また、現状の代わりとなるカーボンフリーシステム開発のためにかかるコストをどこかが捻出するのも難しいという問題をふまえ、ゲイツ氏は個人投資家こそ力になれると力説。また、米国政府がこの問題にもっと真摯に取り組むべきだという持論も述べました。

インタビュー内で、癌研究に米国政府が力をいれ、成果があがっていることに言及。ヘルス関連のリサーチ資金300億ドルのうち50億ドルは癌関連の研究に回されています。一方、エネルギー問題では、どこの国も(あらゆる面の研究開発に一役買っている米国政府ですらも)大きな結果を出せていない状態。これは、予算が少ない(例えばアメリカの年間予算は60億ドル)ことが原因にあるとゲイツ氏は考えるわけです。

エネルギー問題に関しては、劇的なテクノロジーの改善は今のところでてきていません。しかし、ゲイツ氏はすべては保証の問題(つまりお金)だといいます。しっかりしたバックアップが保証されれば、科学はスピードをあげて飛躍し、結果をだせるはずだと。特に期待をよせているのは、風力と光電池のソリューションとのこと。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は多くの資金提供者を集めるだけでなく、ゲイツ夫妻の人脈も力の1つ。彼らが本気を出せば、確かにエネルギー問題も大きく前進するかもと期待がこみ上げてきます。実に、研究は莫大な資金と優秀な人材ががあってこそ。

source: The Atlantic

Alissa Walker - Gizmodo US[原文

(そうこ)