PM 2.5濃度が1400…!中国国営通信も「世も末」報道

2015.11.11 17:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ:環境

151109doomsday.jpg

400でガタガタ言ってた北京マラソン2014が懐かしい…。

中国北東部で汚染値が1400の過去最高記録を更新し、新華社通信までもが、ガスマスクでBMX漕いでる市民の写真と一緒にこうツイートしてます。

「ここはおとぎの国?はてまたこの世の終わり? 今年最悪の#スモッグに見舞われた中国北東の瀋陽。PM 2.5濃度は1400に達した」

PM 2.5濃度1400というと、人間が呼吸してオーケーだと世界保健機関(WHO)が言ってる数値の50倍です。WHO的には1立方メートルあたり25マイクログラムを超えると人体にアウトらしいですからね(中国政府の基準はもう少し緩くて35マイクログラム)。見通しは前方100mまで落ちました。グリーンピースの人もAFPに「ここ数年観測してきた中でも最悪の数値だ」と語ってます。

新華社によると、地元の病院の呼吸系の棟はもう患者で満杯なのだそう。政府高官も今週いっぱい外出警戒令はたぶん出っ放しだろう、と話しています…。




原因ははっきりしないのですが、冬になると暖房をつける関係でスモッグはよく出るようですね。去年一昨年もこの時期に起きています。しかし、気になるのは毎年記録が更新され続けていること。2030年にはピークを打つ見通しですが、まだ15年ある…その間にどうなるのか…想像するだに恐ろしい…。

去年10月の北京マラソンでもランナーのBEFORE&AFTERのガスマスクの写真が話題になりましたが、あのときは汚染指数が最悪基準の300を超す400台で強行して脱落者続出でした。




あれが400で、今度は1400。来年は…どうなっちゃうんだ!!?!!??!


source: NYT@XHNews

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文
(satomi)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア