スプリント、キューバでローミング可能に。米キャリアで初

スプリント、キューバでローミング可能に。米キャリアで初 1

外交の影響力は大きい。

携帯電話が普及しつくしている今、新顧客獲得のためにはあらゆる手段をこうじていかねばなりません。未だ足を踏み入れていなかった土地へ、誰よりも早く…。アメリカの大手キャリアであるSprintが、キューバでローミング利用協定を結んだと発表しました。これで、Sprintはキューバで利用できる初の米キャリアに。

アメリカ/キューバ間の国交回復により、今後キューバへの旅行者も増えることでしょう。と、すればアメリカ国内のキャリアがキューバでもローミングで使えるのは嬉しいこと。SprintのMarcela Claure CEOは「米国内と同じように、キューバを旅するSprintユーザーに携帯電話を使ってもらえるようにする」と意欲をみせています。

余談ですが、実は、Sprintの発表の6週間前に、すでにVerizonがキューバでのローミング協定を発表していました。が、発表は遅れたものの、実際に協定にサインしたのはSprintが先。ゆえに、米国初の冠はスプリントの頭上に。

source: Sprint via Engadget

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(そうこ)