どうなるドローン? 12月10日から航空法にドローン飛行ルールが導入

どうなるドローン? 12月10日から航空法にドローン飛行ルールが導入 1

飛ばせるの?…ダメなの?

2015年12月10日から航空法の無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール改正が施行されます。

この改正により、これまである程度自由に飛ばせていたドローンやマルチコプター、ラジコン、農薬散布用ヘリコプターの飛行に関して、多くの制限が課せられることになります。詳しくは公式ページをチェックしていただきたいところですが、ざっくりいうと、繁華街・住宅街などの人口集中地区で勝手にドローンを飛ばせなくなります

どうなるドローン? 12月10日から航空法にドローン飛行ルールが導入 2

国土交通省「改正航空法概要ポスター」より抜粋

飛行方法もまたルールが制定され、夜間飛行の禁止、目視外飛行の禁止、人物や建物、自動車などから30m以上の距離を保つこと、お祭りなどのイベントなどでの飛行禁止、爆発物・危険物の輸送禁止、物を落下させることの禁止など。

どうなるドローン? 12月10日から航空法にドローン飛行ルールが導入 3

国土交通省「改正航空法概要ポスター」より抜粋

人や建物から30m以上はかなりの制限。海辺や開けた土地以外では、事前に許可をとらなければドローンは飛ばせないと思ったほうがいいでしょう。

ただし、事故や災害時に国や地方公共団体から依頼を受けての飛行に関しては、適用されないことになります。この辺りは柔軟に。ドローンの有用性もちゃんと認知されているようで安心しました。

改正法施行にあたって、11月17日から許可等の事前受付を開始しています。ドローンを活用して何かしたい!とお考えの方は、以下改正ルールをチェックして、事前申請しておきましょうね。

かなり厳しいルールですが、何事にも安全って大前提だと思いますし…。

source: 国土交通省(無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール)

(小暮ひさのり)