フォーミュラEが世界初の自動運転車レース「Roborace」開催を宣言!

フォーミュラEが世界初の自動運転車レース「Roborace」開催を宣言! 1

純粋なテクノロジーの戦いだ!

電気自動車レースを行なうフォーミュラEが、新たに自動運転電気自動車のチャンピオンシップ「Roborace」の開催を発表しました。自動運転車のレースは、これが世界初となります。2016-2017シーズンのフォーミュラEチャンピオンシップでの、サブレースとしての開催を予定。参加できるのは10チームで、レース時間は1時間。各チーム、2台の自動運転車で競いますが、車自体はどのチームも同じものを使用。勝負の鍵となるのは、車を動かすアルゴリズムとAI技術です。

Roboraceの創設者となるDenis Sverdiov氏は、未来の車は電気自動車であり、人工知能アシストは当然になるという見解を述べた上で、本レースはテクノロジーの発展と進化を祝うという位置づけであると語っています。レースの開催も、テクノロジーを競う場所、発表する場所を提供するというのが最大の目的です。

車社会は、自動運転車の普及にむけて、着実にその歩みを進めています。テスラの自動運転プログラムはすでに始まっています。日本でも、2017年から公道での自動運転車のテスト開始が予定されています。あのウォズだって、自動運転車にノリノリです。こうなれば、カーレース界だってこの技術を避けて通るわけにはいかないのです。そして、カーレースは、当然モーターメーカーだけの戦いではなくなります。グーグル(車会社作ったし)はもちろん、アップルだってアマゾンだって参戦する可能性あります。車好きだけでなく、幅広い層が盛り上がるレースとなりそうです。

人間のドライビングテクニックを除外し、代わりにそのテクニックをいかに人間の手でコンピューターに教え込むことができるのか…。なんだか回りくどいような、哲学的な面白さがあると思いませんか?

image by Ed Aldridge / Shutterstock.com

source: Roborace via The Washington Post

(そうこ)