米ドローン登録、FAAが代行業者は必要なしと注意喚起

米ドローン登録、FAAが代行業者は必要なしと注意喚起 1

大げさな登録にはならないようで。

FAA(アメリカ連邦航空局)が、ドローン所有者の登録義務づけを予定していると発表するや否や、一体その内容はどんなものになるのかという不安の声があがっていました。アメリカの規制や登録が前例となり、日本含む他国にも影響を与える可能性がありますが、さて…。

ドローン登録の詳細はまだ明らかになってはいないものの、FAAはブログで「ドローン登録代行に飛びつくな」と警告。ドローン所有者は詳細が発表になるまで待つべきだとし、安易に登録を業者に依頼する必要はないと呼びかけています。もしかしたら、すでに詐欺まがいのドローン登録代行業者なんてのが報告されているのかもしれませんね。日本ではマイナンバー発行で関連詐欺がすでに起きていますが、アメリカのドローン登録も同じようなことかもしれません。新しいものに対する無知をついて、恐怖をあおり金銭を得ようとするというやつです。

業者に飛びつくなとFAAが言うということは、つまり、登録自体は誰でもできる簡単なものになるのではと考えることもできます。例えば、登録するのは、所有者名と住所、ドローンのシリアル番号程度になのでは…。詳細は今月末に発表されるようですが、何にせよ、業者に頼むような複雑なものではないようです。

アメリカの話ではありますが、ニッチなところついた詐欺にご用心を!

source: FAA

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(そうこ)