FCC、ヒルトンホテルなどの「個人Wi-Fi妨害」にまたもや罰金

2015.11.06 13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

151105FCC.jpg


だめだって言ったのに無視するから…。

FCCこと米連邦通信委員会が、「イベント会場やホテルのWi-Fiを使わせるために、個人のモバイルWi-Fiルーターを通信妨害するのはダメ!」との姿勢を改めて表明しました。今回罰金を支払うように命じられたのは、メリーランド州ボルチモアのコンベンションセンターでWi-Fiサービスを提供していたM.C. Dean社ヒルトンホテルです。

まずM.C. Deanは、FCCから718,000ドル(約8,616万円)の罰金を言い渡されました。Wi-Fiが使えないという申告を受けたFCCが調査したところ、同社は建物内で接続しようとするWi-Fiルーターを通信妨害するための「オートブロックモード」をWi-Fiシステムに載せていたとのこと。

M.C Deanの詳しい手口は明らかになっていませんが、認証を邪魔して通信を妨害するような方法がとられたのではと見られています。iPhoneがモバイルWi-Fiルーターに接続したい場合、暗号化されていないパケットがログインするために送信されるのですが、M.C DeanのWi-Fiシステムではこの認証パケットを見つけて、「認証しないよ」というパケットを勝手に返してしまうのです。その結果、iPhoneはエンドレスに接続を試みることに…。

いかにも違法っぽいこの行為、通信を妨害してはいけないという米通信法333条にひっかかります。先日もFCCはこの法律を根拠として、マリオットホテルに60万ドルにおよぶ罰金の支払いを求めていました。

さて、もう1件のヒルトンホテルについては、同じようにWi-Fiをブロックしている!と申告があったためFCCが調査をしようとしたところ、ヒルトン側が非協力的だったため、罰金払ってね、と言っているものです。


2014年11月、FCCの行政処分局はヒルトンホテルに対し、米国内のヒルトンブランドホテルでの基本的な企業情報、関連する方針、そしてWi-Fi管理方法についての詳細情報を問い合わせる書簡を送りました。1年ほどが経過しましたが、ヒルトンは同社の資産の大部分について、要求した情報を提供することができませんでした。


ということで、まだヒルトンが悪いと決まったわけではないのですが、悪そうな雰囲気が漂ってきますよね。現時点でヒルトンには25,000ドル(約300万円)の罰金の支払いが求められています。


source: FCC1, 2 via The Register

Chris Mills- Gizmodo US[原文
(conejo)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アミューズ&オードブル・レシピ 一流ホテルのシェフが教える美味しいスタイル
  • ヒルトン東京|世界文化社
特別企画

家事で空気は汚れる? 「Dyson Pure Cool Link」でチェックしてみた

Sponsored by Dyson 風が強くて気持ちいい扇風機と、微細なアレルゲンも取り除いてくれる空気清浄機。2in1なダイソン・エアマルチプライアーシリーズ最新モデルが、さらなる進化を遂げました...
続きを読む»

・関連メディア