アップルはForce Touch Keyboardを計画している?

2015.11.05 13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

applepresskey.jpg


これが未来のキーボード?

アップルが次々と新製品に導入している、タッチした強さを検知する「Force Touch/3D Touch技術」。タッチのありなしだけでなくその強さも測ることで複雑な操作を可能にするこの技術により、スマートフォンやコンピューターの使い方が少しづつ変わろうとしています。さらに新たに発見された特許によると、アップルはキーボードにもForce Touchの導入を計画しているかもしれないんです。

米国特許商標庁(USPTO)によって公開されたアップルの特許「Ultra low travel keyboard」では、スイッチレスキーポード、つまり打ち込んでもパタパタ音がしないキーボードについて説明されています。ちょうど、最新のMacBookやMagic Trackpad 2のタッチパッドみたいな感じですね。また、スイッチがなくなることでキーボード自体が薄くなり、より薄いMacBookが開発できる可能性もありそうですよ!

さらに、この特許では内蔵されたアクチュエータによるフィードバックも考慮されています。これはiPhone 6sのディスプレイのような、状況に応じてブルっと震える仕組みに似ています。これによりクリックしたようなフィードバックや、さらにはオリジナルなフィードバックをユーザーに伝えることも可能になります。

そして最も便利そうなのは、この特許技術によって押した強さでキーの動作を変えられるかもしれないことです。たとえば数字の1を強く押せば「!」、2を強く押せば「@」のように、シフトキーとの組み合わせ操作の代わりにもなりうるんです。これはかなり便利そうですね! もしかしたら、将来はキーボードからシフトキーやコントロールキーがなくなるかもしれませんよ!

これまでの特許と同じように、特許が提出されたからといって現実に製品が登場するかどうかは不明です。またスイッチのないキーボードの打ち心地もちょっと気になります…が、それを上回るメリットも秘めていそうな特許ですね! 製品化に期待したいと思います。


source: USPTO via Apple Insider

(塚本直樹)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【Apple認証 (Made for iPhone取得)】 Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル 【防弾仕様の高耐久ケブラー繊維】 iPhone 6s, 6s Plus/iPad Pro, Air, mini/iPod touch 他対応 (ホワイト 0.9m) A8111021
  • Anker
  • 【Spigen】iPhone6S ケース / iphone 6 ケース リキッド・クリスタル アイフォン 6s / 6 対応 クリスタル SGP11596
  • Spigen
・関連メディア