イスラム国のサイト、ハッキングされてバイアグラの広告に書き替えられる

2015.11.27 18:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

151127ghostsecisis002.jpg


サイバー戦争もある意味苛烈なことに。

Ghost Sec(※)は、アノニマスと連携しているハッキンググループです。彼らがイスラム国(IS)のプロパガンダ用のダークウェブ上のサイトをハッキングして、バイアグラの広告サイトに書き替えてしまいました。同じサイトでは世界で最もメジャーな抗うつ剤プロザックも販売しています。

さらにそのページには「たくさんの人たちがイスラム国に参加しているみたいだけど、まあこの広告でも見て冷静になって」というメッセージが添えられています。ですが、売っているものが売っているものなので、「陰気くさいE○野郎、頭冷やせよ」と取れなくもなく、むしろさらに火に油を注ぐことになるような…。

今回のサイトに限らず、イスラム国の支援グループはハッカーたちの攻撃を避けるためにプロパガンダサイトを通常の検索エンジンではたどりつけないダークウェブ上に移動させ始めています。とはいっても、Tor(トーア)などダークウェブへのアクセスに必要なソフトウェアを使えるハッカーたちには、こうして突き止められてしまうわけですね。

アノニマス、Ghost Sec、Ghost Security Groupといったハッキング集団が目的をひとつにして共闘することは珍しいことですが、このような活動が役に立たないもので、かえって企業や政府のセキュリティ業務を邪魔しているという指摘もあります。

ですが、英国政府のセキュリティ部門ホーム・オフィスの大臣John Hayes氏は今回の件について「テロリストと戦う彼らの活動には感謝しています」と言っていますし、米国のFBIや他の機関の職員も「彼らからの情報提供は、テロ対策に役立つものも多いのです」とロイターにコメントしています。

どうやら彼らの活動はムダなことばかりではないようですよ。

※Ghost Secは、アノニマスと決別したアンチテロリズム集団Ghost Security Groupと混同されがちですが、それぞれ別のグループです。


Image by James Steidlshutterstock
source: The Guardian,Independent,Reuters

(高橋ミレイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア