NYCも木200本にメールアドレスを付与する計画

NYCも木200本にメールアドレスを付与する計画 1

落ち葉燃ゆる秋。NYCでも木200本にメールアドレスを付与する計画が進行中です。

信号待ちのときとか、つい木をしげしげ見て、「こんなところに植えられて可哀想にな。でも文句のひとつも言わず葉をそよがせてる君はなんて偉大なんだ…」と内心しみじみ語りかけてしまうことってありますけど、メルボルンの木に寄せられたメールを読んで、「なに、みんな話しかけてたんか!!!」となった人も多いと思います。

こんなのとか。

To: ニレの木 Tree ID 1037148

2015/5/21

もうすぐお別れだね、本当にごめん。トラックが下の枝ぶつかるの見るたびに悲しくなるよ。僕らも工事は嫌だけど、君だって嫌だろ?

海外の木にかわりましてお送りします、の人とか。

To: 樫の木 Tree ID 1070546

2015/2/11

お~い、達者でやってるかい?

わしの名はクエルクス・アルバ。アルって呼んでくれ。350歳で、米ミシシッピ州北東部の小さな村に住んでおる。身長は大体24メートルで、枝の幅は5メートル。旅は苦手(というか、どんぐりの昔から一歩も動いたことはない)。ただじっとここに立って、鳥やリスを休ませておるんじゃよ。

今日も1日お達者で。

アルより

こういう気持ちが木に届くことってあるのかなあ。

さて、このメルボルンの反響を見て「NYCでもやろうよ」と提案しているのは、市の公園委員会委員長のMark Levine市議です。戦前隔離病院があった廃墟島ノースブラザーアイランド(今は立入り禁止区域。時おり手漕ぎで不法侵入する廃墟マニアがいる程度)を市民に開放する運動を進めている人。

メールは立ち枯れや折れ枝の通報用というより、「どちらかというと市民との対話を深めるのが目的だ」(市議事務所)とのことです。もちろん、「NYCは木には過酷な場所だ。1本1本の木にメールアドレスを割り当てれば、何かあったときにすぐ通報できるだろう」と市議は話してますよ。

ニューヨーク市内の木は計520万本あり、うち59万2130本は街路樹です。提案では、その中から際立つ特徴(樹齢、高さ、太さ、歴史など)を備えた200本を選んで、メールアドレスを木本体かそばに表示します。気になるのは予算ですが、コストはこのサイネージ設営費用ぐらいで、メールチェックは今いる公園部職員がやるんで大丈夫大丈夫~と、やる気満々。

NYCの人口はメルボルンの倍以上ある気がしますが、議案が通った暁には、ここは木の化身になりきって、がんばってもらうしかないですね。

source: Gothamist

(satomi)