Google Maps、オフラインでもナビと周辺検索ができるように

2015.11.11 16:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ますますGoogle Maps無しでは生きていけなくなる…!

Google Mapsアプリに、オフラインナビゲーション及び周辺検索機能が追加されました。

地図データをダウンロードしてオフライン環境でも地図を閲覧する機能はすでにあるため、驚くほどのことではないかもしれません。今回のアップデートでは、オフラインでも使いたい地図エリアを選択し「オフラインエリア」として保存、同時にGoogle Mapは全ての関連する行き先と検索データを保存してくれるように。例えば、オフライン環境下でも、最寄りの動物園を検索しナビゲートしてくれるようになりました(グーグルのオフィシャルブログでは、アメリカのサンフランシスコエリアが例として使われています)。



通信を失うとオフラインモードになり、通信が回復すると自動的にGoogle Mapのフルバージョンに戻るようになっています。端末に保存可能なマップのエリア範囲は50km*50kmとなります。

グーグルは、この新しいオフライン機能については5月のGoogle I/O でプレビューしていたので、サプライズではありませんが、すごく便利で役に立つ機能ですよね。現在、Android版向けに機能をリリース、iOS版もまもなくリリース予定とのことです。Androidユーザーの人なら今すぐ試せますね。

特に海外旅行の時に重宝しそうです。オフィシャルブログの記事の冒頭にもあるように、地球上の60%は通信ができない場所です。


Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文
(mayumine)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア