ヤツらの遊び心が炸裂。グーグルアプリやサービスが「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」風になる!

ヤツらの遊び心が炸裂。グーグルアプリやサービスが「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」風になる! 1

君はライトサイド? ダークサイド?

おそらく今日の話題はこれでもちきりでしょう。グーグルは「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」公開にちなんだ、数々のギミックを公開しました。特設サイト「内なるフォースの覚醒」にアクセスすることで、グーグルのさまざまなコンテンツが、スター・ウォーズの世界へと移り変わります。

ヤツらの遊び心が炸裂。グーグルアプリやサービスが「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」風になる! 2

選択したサイドに合わせて、さまざまなアプリの演出、壁紙が切り替わるというものです。僕はもちろんダークサイドを選択。かっこいいから。

ヤツらの遊び心が炸裂。グーグルアプリやサービスが「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」風になる! 3

Gmailは選択したサイドの壁紙になっていました。

ヤツらの遊び心が炸裂。グーグルアプリやサービスが「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」風になる! 4

Chrome拡張機能を入れると、新規タブを開くごとに選択したサイドの壁紙が表示されます。Cool!

ヤツらの遊び心が炸裂。グーグルアプリやサービスが「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」風になる! 5

YouTubeの読み込み進行度を示すプログレスバーも、ライトセーバー色に変化。シュォォオオン!

ヤツらの遊び心が炸裂。グーグルアプリやサービスが「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」風になる! 6

ストリートビューでは、ペグマンに変化が! 芸が細かい。

ヤツらの遊び心が炸裂。グーグルアプリやサービスが「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」風になる! 7

スマホアプリ版では、自宅アイコンの変化。そして、ナビゲーション画面では自分がXウイングへと変化していました。この他にもさまざまな仕掛けがさまざまなアプリで展開されているので、皆さんもぜひ見つけてみてください。

また、本イベントに対してプロダクト・マネジメント担当副社長のクレイ ベイヴァー氏が公式ブログを通じてコメントを発表しています。

お察しの通り、Googleには私のような「スター・ウォーズ」ファンがたくさんいます。ダース・ベイダーやヨーダの格好をした犬が職場にいたり、時にはストームトルーパーが、データセンターの廊下をウロウロしている姿を目にします(きっと未だにドロイドたちを探してるのでしょう)。

ですから、最初に「フォースの覚醒」について耳にしたとき、私たち「スター・ウォーズ」ファンはこの壮大な物語にGoogleとして、どうやって最大の敬意を表することができるか考え始めました。

「検索になにかスター・ウォーズ的なものが出てきたらかっこよくない?」、「もし銀河標準語をGoogle翻訳で解読できたらどうする?」など、次々とアイデアが浮かんできました。

そして、アイデアの数が増えていくのと同じくらい、それを実現したいと思う情熱的なエンジニアや製品に携わるメンバーがどんどん増えていきました。

(全文はこちらへ

きっとそうじゃないのかなぁ〜。と思っていたのですが、やっぱりそうだった。というか予想を遥かに上回る熱狂っぷりだった…。こういったグーグルの本気の遊び心。大好きです。

ちなみに、現在出ているギミックがすべてではなく、映画公開までの間、他にもたくさんの仕掛けが準備されており、「イースターエッグ」もいくつか忍ばせてあるとのこと。

さぁて…何が飛び出してくるやら!

source: 内なるフォースの覚醒スター・ウォーズ ファンのみなさんへ(Google Japan Blog)

(小暮ひさのり)