アコギの録音が捗ること間違いなし「iRig Acoustic」

アコギの録音が捗ること間違いなし「iRig Acoustic」 1

エレアコじゃなくても大丈夫。

iPhoneやiPad向けのDTM製品を多数発売しているIK Multimediaから、新製品「iRig Acoustic」が発売されました。この製品、アコースティックギターやウクレレのサウンドホールにクリップで留めるだけで、録音ができるマイクです。

通常、DTMなどでアコースティックギターの録音をする場合は、エレアコを使うのが手軽です。しかし、エレアコを持っていないという人もいるでしょう。

エレアコがなくても、マイクを立てて録音すればいいんですが、アコースティックギターの録音って意外と難しいんですよね。家だといろいろな音を拾ってしまいそうだし、スタジオ借りるのも面倒だし……。

でも、「iRig Acoustic」ならば、簡単にアコースティックギターの録音ができるんです。

通常アコースティックギター用のマイクといえば、ピエゾやマグネティック・ピックアップですが、iRig Acousticには最先端のMEMS技術(Micro Electrical-Mechanical System)を採用。弦の振動だけでなく、リアルな音を録音することが可能です。

アコギの録音が捗ること間違いなし「iRig Acoustic」 2

このiRig Acousticと一緒に使うと便利なアプリが「AmpliTube Acoustic」。使用するギターに合わせた設定を行なえるほか、各種エフェクトを適用可能。もちろん録音もできます。

うーん、これはアコースティックギター宅録派にはよき相棒となるのではないでしょうか。市場予想価格は約7,000円となっております。アプリのほうは無料版と1,200円の有料版が用意されています。

これ、1度使ってみたいなー。どのくらいいい音なんだろう。

source: iRig AcousticAmpliTube Acoustic FREE

(三浦一紀)