LAでUFO集団目撃パニック。LAX全機進路変更でD5発射テスト

土曜夜LA西の上空で彗星のような未確認飛行物体が現れ、カリフォルニア、ネバダ、アリゾナ、メキシコの住民から警察やテレビ局に通報が殺到する騒ぎがありました。

「おうし座流星群だと東じゃないとおかしいし」、「じゃあ、なんなんだ、あのコーンは!」、「だんだん大きくなってきた」、「燃えた」、「逃げろ!」と、酔っ払いもハリウッド俳優も大パニック。

Here's my video of the impending doom! Enjoy! Sound muted to spare you the 100 "WTF"'s.

A video posted by Josh Groban (@joshgroban) on

「100回WTF叫んでるのでミュートにしました」

オレンジ郡保安官事務所が速攻ツイートで騒ぎの収拾に努め…

LAのテレビ局やサンディエゴの地元紙が海軍に取材して、オハイオ級原子力潜水艦からトライデントII(D5)発射テストを行なっていたことがわかり、UFO騒ぎはひとまず終息したのですが、なぜこんな目立つ場所で晩ごはんの時間にやるのか、これはこれで疑問が疑問をよんでいます。

LA国際空港は夜間、住民の騒音を避けるため海から離着陸するんですが、金曜から1週間は全深夜便の進路を内陸に変更する異例の措置をとっています。ロイターによると、これも軍がこの空域を使用するためなんだとか。あくまでも通常テストの一環ってことですが、ずいぶん大掛かりなことしますよね…最近なんかありましたっけ…?

「なんで事前告知しないんだ、世界が終わると思ったじゃないか!」とみんな言ってますけど、軍部はミサイル発射テストの事前告知はしない方針なんだそう。予告すると、よその国に計測されてしまうから。

同様のミサイル発射テストは今週もう1回ぐらいあるかもって話です。

source: YouTubeSan Diego Union Tribune

(satomi)