Macを凌ぐパワフルさ! iPad Proのベンチマークが凄い

151113_ipadprobench.jpg

ギズモードでも先日ファーストインプレッションをお伝えした、クリエイティビティを加速させる期待の新製品「iPad Pro」。

写真やグラフィックなど、クリエイティブ分野での活躍を狙っており、またサイズ感や周辺機器のApple PencilやSmart Keyboardも含め考えると、確実にパソコンと競合してくるこの大型タブレット。

そうなると気になるのがその性能です。iPad Proに搭載されるA9XプロセッサはiPad Air 2の1.8倍のCPU性能に、2倍のGPU性能を有するとアップルはうたっていますが、おそらくライバルはiPadではなく、Macになってくるはず。

そんな気になるiPad Proのベンチマークarstechnicaがまとめてくれました。比較対象は今年発売されたMacBookにMacBook Air、Retinaディスプレイ搭載のMacBook Pro、そしてライバルとなるであろうSurface Pro 4です。

下記がそのスコアです。

まずCPU性能

151113_ipadprobench1.jpg

151113_ipadprobench2.jpg

MacBookよりは遙かにiPad Proのほうが速いというのは明らかでしょう。

また、シングルコアの単純処理であればRetinaディスプレイ搭載のMacBook ProやSurface Pro 4と同等で、マルチコアの複雑な処理になるとAirと同程度といったところ。複雑な処理になると、やはり高性能なパソコンにはかなわないご様子です。

次にグラフィック性能

151113_ipadprobench3.jpg

151113_ipadprobench4.jpg

これはすごい。能力だけで考えると、統合GPU系より圧倒的にiPad Proのほうが速いんです。Surface Pro 4も目じゃありません。

この結果からすると、グラフィック処理系に関しては全く不満のないレベル。本当に写真家やイラストレーターのメイン機としていけるんじゃないか、と思える性能を有しているわけです。

Apple Pencilも好評のようですし、これはもうアプリさえ充実すれば、本当にパソコンがいらなくなっちゃうのかも知れませんね。

source: BGR via arstechnica

(小山和之)