NASAのとんでもない形の飛行機「スーパーグッピー」が空を飛ぶ

NASAのとんでもない形の飛行機「スーパーグッピー」が空を飛ぶ 1

航空力学の神秘。

宇宙船の建造には、どうしてもバラしにくい部品を一気に運搬する必要があります。それはNASAの次世代宇宙船「オリオン」でも一緒。今回そのインターフェースリングとスタンドを運搬するために登場したのが、このNASAの秘密兵器とでも呼びたくなる特殊貨物輸送機「スーパーグッピー」です。

スーパーグッピーは1965年に運行が開始され、ロケットエンジンや航空機の翼などを運んできました。機首部分がパカっと空いて、巨大な貨物を収納する様子は現実感がないくらいの迫力があります。

NASAのとんでもない形の飛行機「スーパーグッピー」が空を飛ぶ 2

このSuper Guppyを横から見ると、こんな感じ。飛行船風飛行機とでもいいたくなる、その無理やりなデザインが素敵です。やっぱりどこか魚介類を連想させるフォルムですね。

この宇宙船のパーツを飲み込んだスーパーグッピーは11月3日にフロリダのケネディ宇宙センターを飛び立ち、オハイオ州にあるNASAのグレン研究センターまで無事に運搬任務を果たしました。

一方、オリオンはNASAの次世代ロケット「SLS」に搭載され、2018年に初めて宇宙空間に射出される予定です。2030年台には火星の有人探査までも視野に入れたこの計画、じっくりゆっくり育つのを見守りたいですね。

image by david muscroft / shutterstock.com

source: NASA

(塚本直樹)