NECがビッグデータでトマトを育てる

2015.11.13 18:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

151113tomatokk00.jpg


NECが!? 

って、なりますよねぇ。でも不思議なことはありません。

以前「NECが田んぼを作ってお酒仕込んでいる」というニュースをお伝えしましたが、NECは環境、土壌、農業的な分野でもテクノロジーを応用して事業を展開しています。

そのひとつが今回のビッグデータによるトマト育成支援、海外大規模農場分析ソリューションです。公表資料からそのアプローチを抜粋しますと…、



圃場に設置した気象・土壌などの各種センサや人工衛星・ドローンなどから得られるデータと、灌漑・施肥などの営農環境から得られるデータをもとにコンピュータ上に仮想圃場を生成し、この仮想圃場での生育シミュレーションからその土地に応じた最適な営農アドバイスや将来の収穫量・収穫適期などの予測を行なうものです。


さらっと語られていますが、結構すごいことをやっている気がします


151113tomatokk01.jpg

NEC公表資料より


そしてこの技術を使って、カゴメと2015年3月から取り組んだのが、ポルトガルにあるカゴメのトマト圃場での実験。



1.圃場における水分・窒素ストレスを空間的に見える化し、圃場間で収穫量の差が生じる原因を分析
2.圃場ごとの最適な栽培方法の導出が可能
3.収穫の1カ月前からでも、収穫量や収穫適期を正確に予測できる


と、かなり良い結果が得られたようで、この実験は引き続きオーストラリアで継続しているとのこと。

上手く開発が進めば、既存産地においての単収(面積あたりの収穫量)アップや、これまで主要産地ではなかった国での新たなトマト産地育成などが期待できるそうですよ。


151113tomatokk02.jpg

カゴメ公表資料より


びっくりしたのが、トマトって世界で1億4,000万トンと、最も消費されている野菜なんですって。そして毎年消費量は増えているため、世界人口増にともなうトマトの需要量増に対応するためにも、こういった栽培技術開発がされているんですね。

ヒャッハー! トマトだ!トマトだ!やっぱり桃太郎は最高だな!見ろよ、りんか409も持ってやがるぜ!

や、やめてください。これは種トマトなんじゃ。今日よりも、明日なんじゃ〜!

…トマトを奪い合う争いが起こらぬよう、是非頑張って欲しい。カゴメとNEC。たわば!


source: NEC(プレスリリース),カゴメ(ニュースリリース)

(小暮ひさのり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 農業で成功する人 うまくいかない人――8つの秘訣で未経験者でも安定経営ができる
  • 澤浦 彰治|ダイヤモンド社
  • 島耕作の農業論 (光文社新書)
  • 弘兼 憲史|光文社
・関連メディア